パイオニアS-A7II(楽しいB級オーディオ)


 pioneer S-A7II。それは昨年、シアターセットをまるごとヤオフクで
    落札した。その中の・・・
                   
・・・フロントスピーカーです。
     
          実はこれが私が欲しかった本命中の本命!!

 
イメージ 1

PIONEER
S-A7II

¥78,750(税込)
発売:2002年5月下旬
あの大ヒットモデルの後継シリーズが登場
価格は1本
徹底した高品質の追求。細部を磨き上げた新しいAシリーズ

【SPEC】●型式:位相反転式トールボーイフロア型、防磁設計(JEITA) ●スピーカー/ウーファー:16cmコーン型×2、ミッド/トゥイーター:同軸13cmコーン型 ●インピーダンス:6Ω ●再生周波数帯域:32Hz~120kHz ●出力音圧レベル:90dB/W(1m) ●最大入力:160W(JEITA) ●クロスオーバー周波数:400Hz、3.2kHz、40kHz ●ユニット極性:低域(+)、中域(+)、高域(+)、超高域(-) ●外形寸法:230W×1000H×338Dmm ●質量:30.2kg(1本) ●付属品:スパイク×4、スパイク受け×4
オークション   中古価格  5~6諭吉~


          
・・・・ でも年の初めに
・・・セットを組もうと思ったら、
 突如、腰痛になったので、スピーカー単体での実力を試すためプリメインアンプ
 E-460Technics SL-PG5とを繋いで聴いてみました。(この時L-02A
 試聴まで頭が回らず・・)
 
イメージ 2
 

どうせパイオニアを買うならリボンツィーター搭載かベリリュームを使用して
いるモデルにしたい!!
^^)爆。120kHzまで伸びる超高域はあなどれませんよぉ~♪
(実際そこまで聴こえてないけどね・・笑)さすが!前回紹介したS-A4Ⅱにリボンと16cmウーハーを追加してよりワイドレンジになりましたね。4つユニットが並びましたが3Wayです。シルキーで透明度の高い音、プラス繊細でナチュラルな高域の伸びがとてもイイ~感じです。電子楽器の繊細な伸びやリボンらしいシンバルが気持ち良いですね~。久々に思わず時めいてしまいました。
 
イメージ 3
 

 只、上下方向にレンジの拡大は見られるのですが横への広がりはあまり感じられない
SPのように感じます。やはり4つのユニットを直列に並べると点音源を重視
される方にはちょっと間延びしているようなバランスで不満に思われるかもしれません。でも少し聞き続けると、それはそれで直ぐ慣れますよ~^^)♪それとこのSP。
透明感の高いケブラーウーハーを使っていますので重低音は期待しない方が良いでしょう。だからバランスがとても大事です。足元をしっかり固めるか、それでも不満ならこの型のマイナーチェンジ版の77TB(37kg)や上級機/ウイスキー樽使用S-PM2000だと低音感がもっと豊かになるかもしれませんね~♪(^。^)♪笑
 
イメージ 4
 
 

やはりこのA7Ⅱ。アンプにはしっかりとした厚みのあるものを選びたいですね♪。
80~90年代のバブルアンプでもいいですし、この発売当時の同社AVアンプ 
 VSA-AX10(MOS-FET搭載)でも十分ドライブ致しました。
 

基本的にはシアター用として開発されたSPですが、そのユニット構成から見ても
  技術的に相当に力が入っております。その良い点だけをうまく活用できれば
  十分ピュア用に使えると思いますね~^^)♪
 
 
で、、やっぱり、パイオニアのスピーカーで育ってきた!わたくしには・・・
 
      
パイオニアリボンツィーターの超高域を聴いていないと・・
 
        
~ やっぱり~倒れそうです!!~(◠◠)爆♪


 
イメージ 5
イメージ 6
     (実はジャイ子だった!!前田○子)            
 
               う、宇宙人じゃ~なかった!!
 

 
 ★☄キヨェェェ(☉ロ☉)‰ェェエエ ~★☄ 爆

 



スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

このスピーカーも持っている実力は高いと思うので引き出すのが楽しみですね。

No title

A7Ⅱ、樽2000より重いですしS・Tはあるしで
私も随分ウォッチして追いかけました~。
でも、値が落ちないんですね~。
嬉しいような、買えないような・・・。
ケブラーの色も一見派手ですが、見慣れると
これが落ち着くのです~。

そう、左右の広がりより、奥行きと
ふわっ!と感ですかね~。

No title

すごーい!
ブルーレイが3台も有るぅ(笑

No title

こんばんは。
私の理想としてはフロント2本のスピーカーでリアの音も再現出来ない物かと思っています。
ま~・・無理があります。
ピュアオーディオを目指す物としての考え方でしょうか!。

No title

flattwinさん
2002年製ですがもう当時の定価で発売するのは無理かと思われ
ます。明るい音作りでユニット配置からシアター用にと多少妥協し
たところはありますがパイオニア伝統の高域リボンを加えることで、
パイオニアらしいスピーカーに仕上がっていると思います。

やはり、今のところ5.1chで組んでこそ一番その良さが光って
おりますが、あっ!そういえば私くしの十円万年禿も光ってますね~笑(◠◠)♬♬♫

No title

確かにリボンツィターは高音域が良く聞こえますよね。ぽぽの C2
まだエイジングを進めていません。 早く良い音が聴きたいです。

No title

ぶらーべんさん
ぶらーべんさんのS-PM2000は樽材を使って今でも評価は
高いし中古価格も12~15諭吉ですよね。

このS-A7Ⅱもオーディオ寄りのバランスを取ればS・Tは無い
ほうがバランス的に良好だと思うんですが、あっ、熊までシアター
用として上下方向にレンジを拡大したかったみたいで確かに5.1
CHならば横の広がりも十分カバーできますしね~^^)♪このシ
リーズS-A7→Ⅱ→77TBと進化しましたが相当、売れたんで
しょうね~♪オークションでも出玉は多いですからね~笑。(◎▿◎)♬♫

No title

だいくみやさん

菊川怜の'99年東レ水着キャンペーンのDVDも持っています! 爆)

No title

OGASAWARAさん
ド迫力と左右の広がりというとウチのJBL軍団のほうが完全に勝
ってると思いますが晴天で見晴らしがよく品の良い解像度はこのS
-A7の方が完全に勝っていると思います。笑(◠◠)☆★♬♫

ホーンの良さも良く理解できますが、ホーンでないSPも良い点
が沢山ありますね。リボンツィーターも独特の世界があり、それも
また魅力的だと思います。オーディオは本当に難しいですね!でも
未知の発見もありますよね♪~里見(^。^)八犬伝か!~爆。

No title

美しいπオツにあっ(*⌒▽⌒*)を堪能してくらはい
今仕事中(爆

No title

ぽぽさん
ぽぽさんのピエガもリボンツィーターでの評価が高いですね。
ピエガのリボンSPと言うと、もう高級機の部類に入ります。

リボンツィーター繊細さや高域の伸びに嵌ると、これもまた至極の
世界に嵌って行きますね!~至極(^。^)美味しい~♪爆)

No title

さぶちゃん大王さん
穴路熊は~相当盛り上がっている様ですね。ウチは10年遅れで・・
今更ですが、AVπオッにハマッテおりやす~(^。^╻▏)♪(爆)

No title

このスピーカーの記事楽しみにしていました。
やはりカッコいいですね。

今後の鳴らし込みで変わる余地もありそうなので楽しみですね。

No title

オタ麻呂 さん
パイオニアにしてはクラッシクも得意ですし、ボーカルも品良く
綺麗に鳴らしますね。ウーハーの反応は良いですからデジタル・
アンプとの相性も非常に良いと思われます。

音は(A7・A7Ⅱ・A77TB)ユニットが同一なの基本的に変
化はないでしょう。マイナーチェンジで重量だけがどんどん増えて
いってますね~♪笑(^^)(低音の厚みバランス改善?)。
プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR