あの江川三郎氏がJBLとBOSEを褒めてた!!

最近、2007年オーディオアクセサリー掲載の江川流オーディオ術という記事を偶然に見ていたら、その江川氏がJBLとBOSEを褒めていた。江川三郎氏というと、
モノ再生やフルレンジを推奨する有名なオーディオ評論家である。
 
「以下・・2007年オーディオアクセサリー掲載の江川流オーディオ術より・・」
 
少し話が飛ぶが昨年の9月にJBLがproject EVERESTDD66000という優れたスピーカーシステムを発表した。それはまさにJBL60年の技術の結晶というべきもので、大変聴き応えがり価格以上に評価できるものであった。私には今までの電気音響と違って聴き疲れの少ない音と感じられた。ハイファイ音といわれるなかでは、珍しい体験であった。
 
イメージ 2
 
JBL体験から月を隔てず、私はBOSEの基本製品である901WBを聴くチャンスを得た。この製品は日本に輸入された時に小口径のスピーカーだからハイファイの仲間に入れない、というような風評が世の中にたっていた。しかし私は音を聴いて,歪みの少なく、すっきりとした音響を大変評価した覚えがある。その音は何回かにわたるブラッシュアップを経て今回の試聴でも大変鮮烈な音の印象を受けた。というのもJBLのDD66000の中音域の広大な帯域特性は、今までにない幅の広さがある。一方のBOSEは、 12cm口径のフルレンジ特性で、これもまた広い音響特性を持っている。私がこの両者に、疲れを知らない歪み特性の良さを感じたのも、この広帯域特性のなかに歪み発生の要因になる帯域フィルター・ネットワークを持っていないためであると見た。
 
イメージ 1
 
我田引水の考えと見られるかもしれないが、私が日頃から小口径が良いといっているのは、よしんばそれが大音量は出せないとしても、重要となる中音域の範囲で,歪みの少ない再生音を持っているからだ。それらもJBLやBOSEと同じように、疲れの少ない音を聴くことができることが納得できる。それはスピーカー回路に音響フィルターを持っていないためだ。実際に中音域にデバイディング・ネットワークが入って来ると、いかにもは平坦な音域特性が得られるかもしれない。しかし、中音域は人間の聴覚のなかでも最も感度が高く設定されているので、この周波数範囲に回路部を入れることは現につつしまなければならないと、JBLやBOSEの人達が言っているのではなかろうか。
 
「以上・・江川流オーディオ術より・・」
 
イメージ 3
 
・・あの江川さんがねぇ~と、暇な時に、この記事を何度か読み返していた。
  『中音域の広大な帯域特性 』 『疲れを知らない歪み特性の良さ』
私が最近、新調したJBLも最近わかった事ですが、どちらかと言うとストレスを感じさせない中音域重視のSPでした。次に目指していたのはパーチカルツインという方式のSPでしたがフルレンジ、またはこのボーズのような完全音場型スピーカーにも非常に興味をそそられまてしまいました。
イメージ 4
JBLのDD66000は夢のまた夢としても、ボーズの901SSやWBなどはどうにか手の届くSPではないでしょうか?またフルレンジにしてもオークションで完成工房品を格安に手に入れる事ができるのではないでしょうか?何れにせよ、今後SPを購入するにあたってはこの記事の意味を
よ~く考えて購入してゆこうと思っています。
 
で、、うん~ん~BOSE901WBの中古だが~~まだまだ~~
 
 
     イメージ 5
~爆^^)♪
 
                   



スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

何でも作りようですかね。
無理がないフルレンジはもう少し評価されてもいいかも

No title

flattwinさん
実は、最近オークションでバックロード・フルレンジに入札してたん
ですが、ライバルが突如現れ差し切られておりました!^^)爆♪

再度、入札予定ですが、またライバルが現れるかも知れませんので
このプログでは静かにしてます!今はぁ~♫~荒川(^^)静香ぁ~♬

No title

ぽちっ! オークション、奮戦中ですね~。
ここは地道に時間をセットしてスイッチオン、
まつこと数分・・・

あ、それは電○レンジでしたね~。

ところで、良い物は良い、というところでしょうか。
(急に真面目)

No title

ぶらーべんさん
やはり今は、電~試練~痔なんでしょうねぇ~♬(☉◡☉)笑☄

狙ってたフルレンジSPは4種類あって今半額セール
なんですよー。で、、当然一番安いのが狙い目なんです
が皆が同じ考えの様で・・

すぐ売り切れしてしまうんです!!カンガ~ル◝◝(◟。◞)◜◜~ルルウ!!☄☄

No title

ぶにゃ~んと歌う猫♪さん、ご無沙汰してます(笑)実は~ひろし青年は、昔々、交通事故にあい、その保険金で、ボーズの901SSを20年くらい使っていましたよ(笑)あのフルレンジの素直な特性のものを、純正のイコライザーで、上と下を持ち上げて、ハイファイな音にしていましたよ。今でも、いいスピーカーだと、思いますよ。ひろし青年のネッシーの原点ですからね~(汗)

No title

acc**hasec2*0*さん
お久しぶりです!(^-^)どこで?浮気してはったん?!~(^^)爆♬しかし、さっきも仕事さぼって2004年のステレオを見てたんですが・・。
901はホールの音がするそうですよ~!昔よく外国人ダンサーとチークを踊りましたが、あの時もBOSEのスピーカーではなかったと思います!(゚ロ゚‰)あの時の感動をもう一度!!~味わいとうございます。

もう外国人ダンサーは去りましたが・・チュー☉▿☉ードン!!☄
ちょぴり、軽く引いておくんなましぃ~!!☄爆2(^o.^)♫

No title

うわ~、外国人ダンサーとチークですか!
ウラヤマスイ~。
ファンクの女王チャカ、カーンなら眼の前2mでライブみたのですが。。。。

No title

ファンクの女王チャカ、カーンとは~ネットで森田健作ぅ~♪
・・・

・・・

・・・もしや・・・

あの~デブ?!““深海~おったま!(゚Д゚)げったぁ~!””爆)♬♫

No title

こんばんは。
中音域の広大な帯域特性と疲れを知らない歪み特性の良さですか~・・・・!。
あまり考えたことがないですね~???。
特に疲れを知らない歪み特性の良さですが・・・ニアンス的にはなんとなく解るんですが、何だか非情に考えさせられる言葉ですね!。

No title

ogasawaraさん
そ~なんですよ。名探偵コナンさん!!
『中音域の広大な帯域特性と疲れを知らない歪み特性の良さ』

その謎を解明すべく、てっとり早いのはやっぱり!BOSE君!!
と思われまして・・901に即とは財布のヒモと相談しなくては
なりませんが、2004ステレオ誌では江川氏はかなりのボーズ
製品を推薦しておりまして、おいおい、あ○こら、徐々に検討して
行きたいと思っております~。

ポピ~ポピ~♫ポピ~ポピ~♬(≧▽≦)(≧◡≦)♬ ニャ~ん♫

No title

こんにちは♪
“あの”江川さんも、その昔、40年以上前はビッグパワーアンプにパラゴンという、今でいうところのハイエンド・オーディオでいらっしゃいましたからねー!パラゴンも上と下はバッサリ切捨て“中音域の広大な帯域特性”に基軸を置いたスピーカーでしたから、江川さんが好まれるのも納得です☆~(^-゜)v

No title

なめちゃん仙人さん
そ~だったんですね。パラゴンをお使いになってたんですねー^^)♪なんせ日本に入って来たばかりの2台目か3台目をお使いになってたみたいですー。江川さんももう80近いようですが今のハイファイな音とは無縁の方だとばかりと思っていましたが、この記事を見てとても不思議な感じがしました。でもそのルーツはやっぱり!JBLにあったのですね!

だからJBL!!““か~も~( ̄▽. ̄)~ん♪””パッチ履く~

No title

最近の901は綺麗な仕上げなんですね。
昔、コンサートなどではない何かのイベントで迫力あるBGMが流れていて
両袖に901が1台ずつありました。
他にスピーカーがあるのかと見渡しましたが901だけでした。
塵も積もれば山となるのですね。
まさかと思うほどの山のような壮大なサウンドでした。

でも、単発では101も121も使いましたが、他社の10cmよりは
低域特性がちょっといいというだけで、感動の音ではありません。

No title

エベレスト・・・ 凄いですねー。 どんな音がするんでしょうね。 話は変わりますが、 この前AUDIO BASIC なる雑誌を買いましたが、ぽぽ のスピーカー 「ダリの方」 が出てました。 使ってる方いらっしゃるんですね。

No title

おやじsp.さん
確かにボーズ君はボーズ君の音がします。またデノンの音はデノン
の音がいたしやす~^^♪901は歴史も古くマイナーチェンジを
繰り返して現在のWBに至ってます。(中古、高いでおま~♬)

オーディオ評論家の方達も901的な音場型のスピーカーの存在を
今でも高く評価されております。やはり音楽を聴く上で、『あたかも、そこで
歌っているかのよう!』~な再現性を気楽に満たそうとすると、この様な製品に
たどりついてしまうのではないでしょうか?

まぁ~(^^)
ボーズはボーズ君の音なんですが・・!!まぁ~お気楽に~^^)笑♪

No title

ぽぽさん
ダリ~をお使いの方は沢山いらっしゃいますね!オーディオ・ユニ
オンのページで良く中古スピーカーを探して見ているんですが、
ぽぽさんのダリパワーも出てました~^^)♪

ついついポチ~しそうでしたね~♪アブネェ~(≧ω≦)アブネェ~汗。

No title

ウーム・・・
私には難しくて良くわかりません。(汗)

でも、フルレンジと言えばバックロードホーン。
長岡式のゴッツイの・・・いつかは作ってやるぞお!(笑)

No title

狸猫さん
狸猫さんの腕でしたら、即、凄いのを作れちゃうと思います。

是非!!試作品をご披露願います!!“思い立ったが・・”
・凸φ(..)ドピュっとな!”〓(≧σ≦)(≧▽≦)☄〓爆
プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR