DV-50Sよ!再び♪(楽しいB級オーディオ)

 
今年に入って一発目に導入したのが、エソテリックのDV-50Sだったのですが・・・。
 
イメージ 1
 
何かしら、、、DVPと言えども・・・・
あのエソにしては、大人しい音。そこで、50Sの電源ケーブルをじ~っ。じ~っ。じ~っ。
イメージ 2
 
じ~っ。じ~っ。と見ていると、なんと3Pではないか?(2Pじゃないと・・いゃ~ん??!)
 
イメージ 3
 
もしかして、これ!純正ケーブルでない?!そこで、近くの家電屋に50Sの純正コードを注文。
なんと取り寄せに1週間かかってしまった。昨日、やっとこさ取りに行きました。
(なぜか価格が、異常に安かったのはなぜ?)
 
イメージ 4
 
・・・ちゃんとティアックと完璧に書いてある。(2Pが好き?)そして、一応前のケーブルと比べて見た。
 
イメージ 5
  左が純正。  右が、付属ケーブル。 純正のコードが・・・やっぱり野太い。
 
 
で・・・・早速交換。
先ず標準の  384KHZ から・・
イメージ 6
  ふふふふふ・・・  太い!!そして、音像が大きくクッキリして力強い。いわゆる完璧なピラミッドバ              ランスでとても中低域に力感がある。こ、これが本来の
               
              ティアックの音なのでしょうね。 強靭。。。
 
 
次に   768KHZ を聴く。
イメージ 7
 
こここ、これは・・・ 中高音が非常にスッキリしてとっても聴きやすくなった。これは、これで・・・
良いですね~。
 
そして、 最後に 1536KHZ で聴く。
イメージ 8
 
 にゃる程!!~ザワールド!!これは  384KHZと768KHZとをミックスした音だったのですね。              ほど良く力強く、透明感もあって繊細。普通に聴くなら、断然これがイイかも!!
      
イメージ 11
そして、注目のSACDもついでに聴く。
        ふふふふ~やっぱり太い!!かなり音の像も大きい。ツィーターの上のほうから飛んでく       る音もリアルとい言えばリアルなのだが太すぎる・・・もう少しスッキリしてデリカシーが星ぃ          ~のアキ!!
 
イメージ 9
という事で、最初の純正でないケーブルで聴いてみる。  な~るほど。前所有者は、このケーブルで
SACDでのバランスをとっていたんだな~とそこに気付いてしまった。
 
やれ、やれ、ここに来てやっとこさ、DV-50Sの本当の音が聴けて一応満足したような、しないような・・・・。しかしDV-50Sでこんなに力強い音が出るんだから、ティアックのVRDSなどを聴いたらどんなだろうと思う始末。
 
内心、これ以上の力強さは当面、遠慮したいと思ってしまいましたぁ、・・とさぁ!!
 
   
イメージ 10
 
  (“なに?・・これ?!(゚ロ゚‰~(ー。ー)さぁ?(・・“)
   
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

2Pの、太い方にしたのですね。(ピー!レッドカード!)
音質改善は何よりでしたね~。

No title

UPコンバート機能はうらやましいです

まるで単体のDAコンバーターみたいですね

No title

ぶらーべん さん
3Pは公私混同にしても嫌ですが・・本来の純正のコードでなかったので、大人なし過ぎで、ど~もおかしいと思ってました。・・・で・・・・可笑しいなら笑ってみろよ!。ワッハッハ!ワッハッハ!
アパラパ~!!出てこい゚ロ゚‰謝罪~♪

No title

'flattwinさん。
今まで名ばかりのアップコンバート機能しか聴いた事がなかつたので
さすが、ティアックの製品と思ってしまいました。これ!結構聴けます。欲を言うとDSDもコンバート出来ればコードを付け替えしなくても済むんですが・・・そんなぁ~贅沢ぱロ゚‰ 敵!!

No title

こんばんは。ケーブルは自作しないと(笑)お安くできまっせ~(笑)SACDの凄さを体験しまくりですね~。あ~早くほじい~(爆)

No title

土佐礼子さん、2枚の写真は同じものですか?(笑)

電ケー、よく市販品だと分かりましたねー。さすがにネコの勘?お見事でした!。

大事だとは思いながらも、最近では純正ケーブルを変えることがなくなりました。一時の懲りように比べれば、今は周辺機器に淡白になってしまいました(悲)。

No title

こんばんは♪
ますます絶好調の壊疽くんですね!!
アップコンバートで音色の違いを楽しむ、なんてのもこの機種ならでは醍醐味でしょう。壊疽は総じて電源ケーブルの“質”にシビアに反応しますからね!

今度はこの純正を市販のそこそこのケーブル(オヤイデのTUNAMI GPXとか)に換装すると・・・・土佐礼子が10人ぐらい飛び出してくると思いますよ~\(≧∇≦)/

No title

>3Pは公私コンドー○・・・(。゚ω゚)ハッ!

C= C= \(*><)/きゃー!

No title

acc**hasec2*0* さん
あれまぁ~!!〇〇〇-1同盟がまだなんですか?納品が遅れているんでしょうか?でも27Kの巨体を置けるスペースがあるなんて、とても羨ましい~。“ひゅ~ドロ~ドロ~ン”(゚△゚)裏飯の屋ぁ~。

わたくし目もSACDが100枚溜まったら同盟を組みますからね。
待っててください!えっ~とぉ~今、4枚だから~(ー。ー)‰~

No title

ぜっぷりんさん
あ!あれは!土佐礼子さんの写真を単純に2枚並べているだけです。
(汗~)な‥なにか?(゚◡゚)変?
電ケー、は、異常にアップコンバートの音が変でしたし、50Sの
低音が評判ほど出ていなかったので、ずっと不信に思っていました。
そしてDVPなので純正に3Pなんて付属する訳がないと思い、ティアックに注文したところ~案の定でした。落札時に良く確かめるべきでしたねぇ~。
ねぇ♪ねぇ♪ねぇ♪ねぇ♪(゚ロ゚‰)今日はどこに行こうかな♪?
シャア~♬♫♪

No title

なめちゃん仙人さん
本当に電源ケーブルの“質”にシビアでしたねぇ~。純正ケーブルで、初めてコンバートの音色の違いがわかりました。前の所有者は、純正ケーブルを変えてSACD専用機としていたのかも知れません。

“推奨のケーブルはオヤイデのTUNAMI GPXなのですね。”
ケーブルをコロコロ換装していると何時かはハイエンドオーディオ
の津波がやってきそうですね。

風に戸惑う~♫♬(゚ロ゚‰)弱気な僕~♬♫♪

No title

さぶちゃん大王さん
>3Pは公私コンドー○・・・(。゚ω゚)ハッ!はコケッコウ!

C= C= \(*><)/きゃー!もコケッコウ!

殺処分!!(゚ロ゚‰)

No title

土佐玲子さん かわいそーに・・・。性格はいい人なのに。

No title

ぽぽ さん
実は、これ!私が製作したものではありません。ネットで土佐と画像検索して頂ければきっと真犯人が容易に解かります。
て~っ(ーー)とさぁ~♪ あ!これ!本当☄☆★

No title

こんちは。27キロなんて、軽い、軽井沢(笑)家のパワーアンプは、ソニーのN1だから、70キロはありまっせ(笑)他のパワーアンプのヤマハのMX-10000なんてのも、50キロあるしぃ~(爆)

No title

acc**hasec2*0* さん

凄いものを、またまたお持ちなんですね。
パワーアンプTA-N1
発売時期1999年5月サイズW(幅) : 480.00mm H(高さ) : 245.00mm
D(奥行) : 530.00mm重量(kg)70.00kg
スペック■実効出力:200WX2(8Ω)■入力:アンバランス(RCA)2系統、バランス(XLR)1系統■SP端子:2系統■特記事項:

70KとはS-955Ⅲ1本分の重量を遥かに上回りますねぇ~。
これは1人で、到底もちあげられませんね。我が家では完全に床が
抜けてしまいそうです。そしてあっしの頭の毛もまたまた抜けそう
です。
~ってその以前に腰が折れてるでしょうけど…ねー♪。
▹◅◃▵▹◞◝越路~ ゚ロ゚‰ 吹雪▹▿◃▵▷ ◝◟◞腰が~゚ロ゚‰ 吹雪▵▹▿◅◃▵◟◞
プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR