魅惑のフルレンジ2// FE206En ・BK225WK.~(^^♪


 FE206En 20cmフルレンジ

フォステクス伝統のFEシリーズがリニューアル。好評のESコーンに加え、新開発の軽量布
 
エッジ採用し音質をさらに向上。手軽にバックロードホーンを楽しめる強力な磁気回路を搭載。
         
イメージ 1



-FE-Enシリーズの特長-
 
バックロードホーンに最適な大型磁気回路
強力磁気回路搭載の口径121620cmのフルレンジ。Q0も低く抑えバックロードホーン形エンクロージャーに最適(FE126EnFE166EnFE206En)
明るく張りのある中広域の実現
明るく張りがある中広域はそのままにナチュラルで繊細な音質/音色を実現。
ESコーンの採用
繊細で細くしなやかで密度の高いESコーン採用。
耐久性に優れた軽量布エッジ採用
新開発、軽量布エッジを採用。
金メッキターミナル採用
低損失金メッキターミナル採用(ファストン#205)

規格
インピーダンス…… 8Ω
最低共振周波数… 45Hz
再生周波数帯域… f020kHz
出力音圧レベル… 96dB/w(1m)
入力……………… 90W(Mus.)
m0………………… 12.2g
Q0………………… 0.19
実効振動半径(a)8.1cm
マグネット重量……1,067g
総重量…………… 3.2kg




イメージ 2
                          BK225WK   
バスレフ型スピーカーエンクロージャー】
形式:バスレフ型 
外形寸法:寸法260(W)× 465(H)×332(D)mm(ターミナル含む
質量:約7.3kg 
材料:MDF t18/12(バッフル/裏板)、パーティクルボード t12(天地側面
仕上げバッフル板:ダークブラウン光沢塗装、天地側面:黒シート貼り、裏面:黒着色 
内容量:28L 
fb 39Hz 

適合UNITFF225WK(推奨)FE206En ←あぃ?(゚д゚)




前回、フォステクスのfostex FF225WK  BK225WKを購入しましたが、・・

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-!!実は分割~6回払いでおましたぁ~!(^^♪
実はFE206En 20cmフルレンジもついでに買っておりましてぇ~♪!。(๑≧౪≦)爆

フルレンジに詳しい方ならもうお分かりでしょうが・・
 
 
このFE206Enはバックロードホーン専用ユニットです。(・・;)

ネットで調べても、バックロード専用なので、BK225WKとの組み合わせは低音が
 
スカスカで駄目?!(´ε`;)~とか、低音は全く期待出来ないけど,
 
中高域中心ならなんとかいけるんちゃうん~!という声が・・・・(^^;~汗。

そう~こんな風に~ダメだと言われれば、・・

その辺をより~なんとか確かめたいのが男のサガ!!
(*≧∀≦*)

イメージ 3

エージングも兼ねて、またまた(SL-PG5/A-919)最初の音出しの第一印象。

音色は見てのとうりユニットの色に類似・・(^O^)。
 
 
中域は独特の滑らかさがあり、これはさすが、ボーカルが良い感じ!

そしてラッパ状のホーンの効果か?音場も広く、高域の伸びが良い


只、初日は噂どうり~( ;∀;) カナシイナー♬。
 
低音が出ないというか、ガッツのない、ひ弱な低音~(ーー;)♬。

イメージ 4

前回のFF225WKではトンコン全開で試聴したが、今回はトレブルだけフラットバランスまで下げて
バランスを調整。

一時はL-02Aまで持ち出して低音を増強してみたんですが、思ったほど効果は無く・・。゚(゚´Д`゚)゚。・・
・・ていうか、古いアンプを使ってますって~感じがモロに出た!!ヽ(´Д`;)汗ノ。

『この FE206En・BK225WK』との組み合わせ試聴・・。
 
特にピアノとかクラッシック系は音が滑らかで品が良い~(^^♪
 
また得意なのはやはりボーカル系?(^^♪。当然、松田聖子はOK牧場!!
 
それと意外だったが妹尾美穂キラリ~(ジャズピアノ)は特に良かった。(@_@;)
これは録音の質素感がこの組み合わせに合っていたのではなかろうか?~(≧∇≦)(笑)。


しかしCDの録音にシビアで70~80年代のロックのソースは、ちょい厳しいものを感じた。
例えばデビッドボーイのヒーローズliveはちょっと聴くに堪えない。(エージング不足かも?)
 
やはり近年録音されたCDのほうが断然音が良いと感じました。
 

イメージ 9

 
只、低音の質感は柔らか過ぎなのか、ことさら迫力を感じさせるものではない。

まぁ~そこがこのユニットの質と箱の大きさと・・

バスレフであるところの限界なんだと思います~^^)♪



イメージ 5

まぁ~♪これは、これで( ・∀・)ナカナカ~良いと感じます。                  

ただ、あの穴ポコの中にあるアルミ製のセンターキャップがツィーターの役割を
してるんだと思うんだけど、
 
 
そこから出る高域帯域のどこか?~やや硬いというかツッパリ感を~現状感じています。

イメージ 10


まぁ~これが今後のエージングでどこまで良くなるかですよね~^^)♪、その後・・
低音も当初より~随分出るようになりました。
 
 
やはり低音だけ注目するとFF225WKのほうが断然・・量感があります!!(*´ω`*)。


まぁ~ひとつの箱で2つのユニットを使い分ける!!

これが、いわゆる・・・一粒で2度美味しい~♫

イメージ 6


またの名を~だっちゅ~のぉ~戦法だっ!!♬。
(*≧∀≦*)爆ぅ~
!!

イメージ 7



よって・・・・各々方




     

~これでフルレンジは一件落着!!(*≧∀≦*)


                
イメージ 8

 
 
 

・・・・と( ^ω^)・・・思う~♪
・・(爆2
)♬・




                                                                
スポンサーサイト



今話題の~(^^♪

 
 

今話題の・・・・( ^ω^)・・・・とある~
 


イメージ 1

                      



          
 プロ友のお部屋~ (*≧∀≦*)~

       
 



 
 
 
 

また、今話題の・・・


 
 
・・・・( ^ω^)・・・・とある~

イメージ 2

     


          
 ちゃぶ台ゲーム機~ (*≧∀≦*)~

       
 

   
 
 
 
 
 
 

 

イメージ 6
 
 
 
 

イメージ 7

 
 
 
 
 
 
 
 
 



  ちゃぶ台を馬鹿にすんなぁ~ うりゃ~
 ヽ(`Д´)ノ !!



 
 
    
イメージ 3





                            
  
(*≧∀≦*)爆~

                    
 



                       
 
 
 
 
                  



                    まぁ~全般的に・・・                       


 
 
    
 
イメージ 4
 
 

イメージ 5


 
 
 
・・・(´ε`;)この記事自体・・
 
 



 
 



    特に~なんの意味もございません!!


  
       
 
 
       
                           
 (*≧∀≦*)爆爆

                                                      
    
 
 
 


魅惑のフルレンジ// FF225WK ・BK225WK.~(^^♪

FF225WK 20cmフルレンジ

 ハイスピードで力強い低音再生。雄大なスケールに包まれる再生音を実現する20cmフルレンジ

イメージ 8

BK225WK.
 
スピーカーボックス. FF225WKなどのフルレンジスピーカーの魅力を簡単作業で高品位な音質を楽しむことができるバスレフ型スピーカーボックス。
イメージ 7
定価1本:
¥19,440

今回、フォステクスのfostex ff225wk bk225wk を購入しました。分割4回払いです! (๑≧౪≦)爆。
これは、私くしにとって最後のフルレンジ挑戦でして、、

fostex ff-wkシリーズでは一番大きなサイズ20cmフルレンジ。専用ボックスbk225wkをチョイス
致しました。ちょうど私のように不器用(ブッキー
)な人間には、うってつけのユニットです。

まず、なぜ20cmを選んだかと言うと、低音が一番期待できるという事です。小口径ではどんなに
頑張っても低音は期待薄です。

やはりそれなりの口径と箱(BOX)の大きさが必要だと考えました。

イメージ 6
 
 
イメージ 9

エージングも兼ねて、(SL-PG5/A-919)最初の音出しの第一印象。

清涼で透明感が高くクリーンな音。

CDを引っ変えとっ替え聴いてみたが弦楽器、管楽器、ヴァイオリン属の楽器,電子楽器、打楽器、
ボーカル~意外にも不得意なジャンルがないのが特に◎(二重丸)です~~(^O^)♬。

イメージ 5

これはフルレンジだからと言うよりユニット ff225wkがとても優秀なんだと思う。

昔、聴いたフォステクスはコーンが確かセルロースでセンターキャップがアルミ製のユニットだったと
記憶してるが、センターのアルミは少し癖というか~突っぱり感がありました。

でも、この新型ユニットは2層抄紙コーン/新素材アップロールエッジ/リッジドーム形状アルミ合金センターキャップ/メカニカル2Way構造で~

やはりわたくしのような駄目耳でもはっきりその違いが分かる程の進化ぶりでした。( ゚Д゚) ス、スゲー!

イメージ 4

まず、アルミのセンターキャップ、

非常に聴きやすく、シンバルやサックスとかエレキギターとか、音が突き抜けてなかなか~
気持ちが良い。

また新型コーンの低音はサイズなりだが、芯のある締まった低音。

でもドラムスや太鼓革の質感などが、なかなかリアルに再現されるので、これは少々驚いた。

イメージ 3

ただ、アンプとCDPには特に敏感なのでしっかり中低域に厚みとパワーのあるものを使いたい。
またオリジナリティ-を重視するならトンコンやイコライザーは絶対必要

ウチレベルで低域の厚みとパワーがあると自負している( ̄^ ̄)ゞSL-PG5/A-919試聴中、
プレーヤーをDVDーA10に切り替えてみたんですが、線が細すぎて全然駄目だったヽ(´Д`;)ノ

そのくらい入力及びアンプとの組み合わせでバランスがガラリと変わってしまうで、

その点を特に注意したい

イメージ 2


しかし~なるほどぉ~♪
これをずっと聴き続けていると、どんどん欲が出てきて・・・
もっと厚みを~もっと低音を~もっとSNを~って感じになってきます。

フルレンジを(☉◡☉)セパレートアンプで鳴らしている方がいらっしゃいますが・・・その野望(^_^;)
そのお気持ちが、少し分かるような気が致しますぅ~♬。
(*≧∀≦*)
!!

・・よって(Fostex ff225wk bk225wk)・・・

現在独走中??禿げスピーカーイメージ 10
 
を、
一気に抜いて・・・


イメージ 1



    
堂々一位になりそうですたい!!
。(*≧∀≦*)
Baku♬




オークス裏読みデータ  (馬名生産地血統)

 
 
(オークス過去5年の連対馬)
 


 

馬名              生産地         血統


ジェンティルドンナ   ノーザンファーム  ディープインパクト
 
ヴィルシーナ      ノーザンファーム  ディープインパクト
 
エリンコート         社台ファーム    デュランダル  
 
ピュアブリーゼ      ノーザンファーム     Monsun
 
アパパネ         ノーザンファーム     キングカメハメハ(サンデー系)
 
サンテミリオン      社台ファーム       ゼンノロブロイ(サンデー系)

ブエナビスタ       ノーザンファーム    スペシャルウィーク(サンデー系)
 
レッドディザイア      社台ファーム      マンハッタンカフェ(サンデー系)
 
トールポピー       ノーザンファーム       ジャングルポケット
 
エフティマイア       ノーザンファーム     フジキセキ(サンデー系)


 

ノーザンファームor社台ファーム  
ディープインパクト (サンデー系)
 

 
 
 
本日オークス  


◎ ① レッドオーヴァル    社台ファーム   ディープインパクト

 
    ④アユサン            下河辺牧場                  ディープインパクト

 
◎ ⑤デニムアンドルビー     ノーザンファーム          ディープインパクト

 

    ⑨ ローブティサージュ     ノーザンファーム       ウォーエンブレム

 
    ⑯クロフネサプライズ     新ひだか町上村清志               クロフネ
 
 
 ◎ ⑬ エバーブロッサム     社台ファーム            ディープインパクト
 
 
 


(査定結果)   
デニムアンドルビー
 
以上総代・・・・・ほんまかいな??~汗
(。・ ω<)ゞてへぺろ♡


み~ちゃんが完治致しました!&#9830;&#9835;.ヽ(*´з`*)ノ

口内炎に苦しんでた、猫のみ~ちゃん。
 
イメージ 1
 
手術を受け・・・
 
今現在、普通に食事ができるようようになり~
 

ほぼ完治状態に至りました。
 

よって・・
 
 

 心配してくださった皆様に~御礼申し上げます。m(_ _)m
 

 どうも☆⌒(*^-゜)vありがとうございました。
 
イメージ 2
 
 
以上総代・・♪。☆☆☆⌒((≧∇≦))☆⌒☆☆☆爆。
 


&#9829;THE Model&#9829; - Kraftwerk♪゜*:.

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

KRAFTWERK - the man machine

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ ▲▽▲▽▲▽


         


KRAFTWERK
クラフトワーク( Kraftwerk )はドイツの電子音楽グループマルチメディア・エレクトロニック・プロジェクトである。長年に渡り多くのアーティスト達にも多様な影響を与え、ニューヨーク・タイムズは「エレクトロニック・ダンス・ミュージックのビートルズ 」と評している。明らかにロック・ミュージックではないにも関わらず、そのスタンスの独自性ゆえに大物ロック・バンドの一つとしても認知されうる極めて稀なグループであるといえる。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ ▲▽▲▽▲▽ ▲▽▲▽▲▽

 
クラフトワークって大体スコーピオンズと同時期ではなかったか・・

当時洋物ロック被れ(´ε`;)の友人が・・

今はドイツがナウい!!って確か・・先の2枚のLPを聴かされた。

その1枚が KRAFTWERK - the man machineなのでありました。

そのB面の1曲目に入っているモデルと言う曲が一番わかり易いし一番好きなんです!( ̄^ ̄)ゞ

今でも時々、オーディオチェック用に聴いています。

手持ちのDVD日本公演のライブが素晴らしかったんですが・・・


YOU TUBE上で発見できなかったので..


今回は、she.s a Modelに致しましました。(*≧∀≦*)爆爆

&#10048;5度目の正直!ヴィルシーナが悲願のGI初V/ヴィクトリアマイル&#10048;

 
東京11Rのヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は、
1番人気ヴィルシーナ(内田博幸騎手)が勝利した。
 
イメージ 1
 
 
勝ちタイムは1分32秒4。ハナ差の2着に12番人気ホエールキャプチャが、半馬身差の3着に5番人気マイネイサベルがそれぞれ入線。
 
 
馬主は大魔神こと、あの佐々木元投手ですよね~^^)♬またその奥様は元女優の
榎本加奈子さんです。~何の関係が~(ーー;)汗。
 
この日はやらないつもりだったんです~♬、でもテレビを見てたら新潟の11レースが
1人気。次の京都の11レースも1人気の馬が優勝。と言うことは・・・・・
 
東京も1人気??
 
ここら辺は長らく競馬をやってるとピーンと来る事がある!!
 
・・もしかして??・・(๑≧౪≦)てへぺろ・・・
 
・・・1人気を買ってみた!!
 
・・競馬初の~単勝一諭吉一点勝負!じゃ~( ̄^ ̄)ゞ!!
 
 
~でもなかなかクリックできず指が震えた。( ̄▽ ̄╵▏)汗
 
レースを見た方なら~知ってると思うけど・・
 
鼻差! 鼻差!でっせ!!( 」´0`)」 もぉ~~~心臓がばくばくもんでした。
 
                そして神は・・・   
 
イメージ 3
 
君臨した!!(*≧∀≦*)
 
イメージ 2
 
汗嬉(^^;)爆。
 
 


某日、我が家の春~(^^♪



4月某日・・我が家の春~(^^♪

イメージ 1

 
イメージ 2


イメージ 3
 
 
イメージ 4

 
イメージ 5

 
イメージ 6

・・そして我が家のぉぉおお

~ ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦                                                               

イメージ 7

口内炎~猫のみ~ちゃん!!(*≧∀≦*)。。

イメージ 8

先月、犬猫~口内炎治療の名医がいらっしゃる・・

広島県安芸郡府中町の動物病院に転院しました!o(^・x・^)o(=ΦエΦ=) (=‘x‘=)。。

只、少し遠い!・・(ーー;)♪汗。

イメージ 9


     

ど~んと来い!!~ヽ(´Д`;)ノ~治療代やい~!泣。




Sadao Watanabe -★ Nice Shot!★(*´∀`*)♪゜・*:.。. .。.:*・♪

イメージ 1

渡辺貞夫 「How's Everything」 (1980)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


         


渡辺貞夫 「How's Everything」 (1980)
このライヴアルバム、1980年の日本武道館でのライヴを収録した名盤。
何といってもバックミュージシャンがスゴイ。Richard Tee、Steve Gadd、Eric Galeのスタッフ組。
それからRalph MacDonaldにAnthony Jackson。Jeff Mironovに大御所Dave Grusin。
デイヴは東京フィルハーモニック・オーケストラを従えて、指揮やアレンジも手がけてます。
ニューヨークテイスト溢れる極上のフュージョンサウンドが堪能出来ますね。


ニューヨーク・フュージョンっぽい④「Nice Shot」。
アップした映像には演奏ミュージシャンのクレジットが入ります。
スティーヴ・ガッド、譜面を見ながら叩いていたんですね。

ラルフ・マクドナルドも若いな~。こんな痩せていたのか・・・。
演奏は段々と白熱していきます。ナベサダの熱いブロウが武道館を響き渡ります。4分過ぎの大歓声・・・。
エリック・ゲイルの2分近くに亘るギターソロですね。これは素晴らしいライヴです。


以上こちらのサイトより引用させて頂きました⇒http://y240.exblog.jp/16134161/
       
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


確か、大学生の時に渡辺貞夫、45回転LPにこのNice Shotのライブが収録されてました。

当時は寮暮らしで、その同じ寮で京都から来た医者の息子がダイアトーンのDS-25Bを持っていたので


貸してもらい、自分が当時持っていたDENONのPMA-970の組み合わせでそのレコードをかけました。


なんと(;´Д`)スバラスィ演奏でしたし、その音に身震いしてしまいました。(^^♪


最近ふとまた聴きたくなって、 「How's Everything」 (1980)」というCD名で再発されてました。

当初リマスターCDを買ったんですが、なぁ~んか音が温い。音は良いのですが、ヌルヌル~ヽ(´Д`;)ノ

当時アナログ盤で聞いた音には程遠おい~~!そこでCDはCDでもSACDも買ってみた。


使ったプレーヤーはDV-50Sです。


(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-!なんと~なしにぃ~~コレ!!コレ!! 


あの時の記憶が走馬灯のように蘇った連休後半のひとときでした。(^^♪爆。

ONKYO Integra A-919(^^♪

イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
A-919 ○1990年発売 定価160000円(税抜き) ○定格出力(20~20kHz):200W+200W(4Ω) 155W+155W(6Ω) 120W+120W(8Ω) ○全調波歪率10W出力時:0.0015% ○混変調歪率;0.004%
 
 
 
先日、ハードオフに行っても何も買えなかった理由。それはONKYO Integra A-919がウチにやって来たからです。(*´∀`*)爆。実はこのアンプ前から狙ってました。手持ちのA-927より5年も前の製品ですが、定価も16万で重さも26Kもあり~かなりのパワーの持ち主ではないかと・・・
 
最近ふとオークションの相場を調べていたら、なんと!Σ(゚д゚lll)、2諭吉台に落ち着いているではないですか!これは、即、捕獲体制、定置網を張り巡らせておりました。
 
 
~ちゅ~事でイメージ 10
落札。連休中に試聴致しました。
 
イメージ 5
 
 
このアンプの程度は・・
 
○部分にだけ、ガリがありますが、他の部分については、全く問題ありませんでした。イメージ 10
 
イメージ 6
 
●デノンハゲスピーカー(SC-777SA)での試聴。
音出しして、まず驚いたのは中低域に厚みとパワーがあってガッツのある音。そして音が前に前に張り出す。シンバルなんてビシュー!プシュー!て感じで抜けるし、ジャズなんかは特にイイ(≧∇≦)b感じです。                  
 
                  
そこでウチのシステムでは、うまく再生されなかった妹尾美穂キラリを聴いてみる。イメージ 10
              
 
         
イメージ 11
    イメージ 4
 
 
 
すると音全体が力強いので、わたし~♥ジャズやってますぅ~♥って感じが~よく伝わってくる。イメージ 9
只、
ゆったり聴かせるナイーブなところが少ない。そこらあたりがどうか???~なんだろう~^^)♪ とにかくガッツだぜ!って感じの音を全身で浴びたい人にはとても良いアンプかもしれない。                  
 
このアンプ店頭ではわりかし好評だったのではないでしょうか!音はA-927に少し似ていて独特の鮮度感があり全域にわたってパワー感、そして演奏自体に実在感がある。ボーカルの再現性もなかなかGOOD◎!!イメージ 10
 
 
 
まぁ~もしクラウンのアンプを買うんだったら~
 
この919でも十分!!~同じ土俵で戦えるじゃないのかなぁ~♪ヽ(*´з`*)ノ
 
 
イメージ 7
  
 
 
 
 
   イメージ 8
 
 
                           イメージ 12
 
                        イメージ 9
(((o(*゚▽゚*)o)))イメージ 9
爆。
 
 
 


プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR