あの江川三郎氏がJBLとBOSEを褒めてた!!

最近、2007年オーディオアクセサリー掲載の江川流オーディオ術という記事を偶然に見ていたら、その江川氏がJBLとBOSEを褒めていた。江川三郎氏というと、
モノ再生やフルレンジを推奨する有名なオーディオ評論家である。
 
「以下・・2007年オーディオアクセサリー掲載の江川流オーディオ術より・・」
 
少し話が飛ぶが昨年の9月にJBLがproject EVERESTDD66000という優れたスピーカーシステムを発表した。それはまさにJBL60年の技術の結晶というべきもので、大変聴き応えがり価格以上に評価できるものであった。私には今までの電気音響と違って聴き疲れの少ない音と感じられた。ハイファイ音といわれるなかでは、珍しい体験であった。
 
イメージ 2
 
JBL体験から月を隔てず、私はBOSEの基本製品である901WBを聴くチャンスを得た。この製品は日本に輸入された時に小口径のスピーカーだからハイファイの仲間に入れない、というような風評が世の中にたっていた。しかし私は音を聴いて,歪みの少なく、すっきりとした音響を大変評価した覚えがある。その音は何回かにわたるブラッシュアップを経て今回の試聴でも大変鮮烈な音の印象を受けた。というのもJBLのDD66000の中音域の広大な帯域特性は、今までにない幅の広さがある。一方のBOSEは、 12cm口径のフルレンジ特性で、これもまた広い音響特性を持っている。私がこの両者に、疲れを知らない歪み特性の良さを感じたのも、この広帯域特性のなかに歪み発生の要因になる帯域フィルター・ネットワークを持っていないためであると見た。
 
イメージ 1
 
我田引水の考えと見られるかもしれないが、私が日頃から小口径が良いといっているのは、よしんばそれが大音量は出せないとしても、重要となる中音域の範囲で,歪みの少ない再生音を持っているからだ。それらもJBLやBOSEと同じように、疲れの少ない音を聴くことができることが納得できる。それはスピーカー回路に音響フィルターを持っていないためだ。実際に中音域にデバイディング・ネットワークが入って来ると、いかにもは平坦な音域特性が得られるかもしれない。しかし、中音域は人間の聴覚のなかでも最も感度が高く設定されているので、この周波数範囲に回路部を入れることは現につつしまなければならないと、JBLやBOSEの人達が言っているのではなかろうか。
 
「以上・・江川流オーディオ術より・・」
 
イメージ 3
 
・・あの江川さんがねぇ~と、暇な時に、この記事を何度か読み返していた。
  『中音域の広大な帯域特性 』 『疲れを知らない歪み特性の良さ』
私が最近、新調したJBLも最近わかった事ですが、どちらかと言うとストレスを感じさせない中音域重視のSPでした。次に目指していたのはパーチカルツインという方式のSPでしたがフルレンジ、またはこのボーズのような完全音場型スピーカーにも非常に興味をそそられまてしまいました。
イメージ 4
JBLのDD66000は夢のまた夢としても、ボーズの901SSやWBなどはどうにか手の届くSPではないでしょうか?またフルレンジにしてもオークションで完成工房品を格安に手に入れる事ができるのではないでしょうか?何れにせよ、今後SPを購入するにあたってはこの記事の意味を
よ~く考えて購入してゆこうと思っています。
 
で、、うん~ん~BOSE901WBの中古だが~~まだまだ~~
 
 
     イメージ 5
~爆^^)♪
 
                   



スポンサーサイト



美脚の美?!(ようわからん?!)

 
女性の美脚とは、、
 

それは男を誘惑する武器のひとつである・・・
 

ショッカー隊員(談)
 
イメージ 1
 
 
                  ~爆^^)♪
 

そう今回は美脚の話・・ 昔は、最初に脚みて顔見て胸みて~??
それはそうと、、、ほしのあきさん。今年ついに結婚されるんですね。
 
イメージ 2
 
          
毎日、コスプレ三昧かぁ~?!笑(^^)♪
 

また、また、話がそれました。 
 
そう!やっぱり美脚の美のお話を~!!
 


イメージ 8
 


イメージ 9
 


イメージ 10
 


 
イメージ 11
 


 
イメージ 3



 

お次は、近くデビューする 
KAMOME48です!!
 



 
 



イメージ 4
 
                           ~爆^^)2♪



そして美脚通の貴方の~今日の献立は・・・・
 



 
 
とぉ~ぜん!!イメージ 6



 
 
        


 
      イメージ 5
 
              ・・・・お魚ですよねぇ~~^^)♪
 
  えっ~゚ロ゚ ‰ 美脚はもうイィ~??イメージ 6
~イィ~??゚ロ゚‰
 
 じゃあ~、、や、、やっぱり!!~゚ロ゚‰~・・・
 
                   


                   


 
 
 
                   


                イメージ 7
 ~(^^)爆2!!


     


よう
(ーー)‰
~わからん
・・‰


 


 
 

EXCLUSIVE model3401-W♪(気になる音聴箱)

 

1983年発売のS-955Ⅲが、もし壊れたらこれを買おうと思ってたんだよなぁ~♪
イメージ 1
 

40mウ-ハーですよ!ホーンですよ!!そして超音速ベリリュームですよ!
 
でもJBLと言う選択肢に気付かなかったら、コレ!買ってたかも知れませんね~^^)♪
 
 

EXCLUSIVE model3401-W \420,000(1台、1981年頃)
 

方式3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット低域用:40cmコーン型(EL-403)
中高域用:ホーン型(ED-915+EH-351S)
超高域用:ホーン型(ET-703)
ネットワーク:EN-907
再生周波数帯域30Hz~45kHz
出力音圧レベル97dB/W/m
最大出力音圧レベル122dB
インピーダンス
定格入力150W
最大入力300W
クロスオーバー周波数900Hz、7kHz
外形寸法幅622×高さ837×奥行567mm
重量71kg

 
イメージ 2
 

今、冷静に考えてみると幅が62cm!!奥行き56cm!! 重さ71kg!!うちの2階に上げるのには、
らくらく家財引越し便の人でも相当苦労するだろうな~。また、少しスピーカーを動かそうにも、腰を痛めそう
だし・・・
 

だから、、3401を所有し、これを部屋に置ける人が羨ましい~。^O^)♪
 
 

、、で、、この3401~つい最近出品されました!!オークション落札価格~~なんと~!!
↓↓↓
落札価格
 260,001 円
 
残り時間 :  終了 (詳細な残り時間)
入札件数 :  132 (入札履歴)
 

 S-955の中古価格を考えると、、価値ある値段というべきか・・ 
 いずれによ、当時JBLから招かれた『あの方』の技術プラス、パイオニアのベリリューム技術を合体させた
 3401-wは同社の名機といっても過言ではないでしょう~。
 
model3401-W
 
イメージ 5
 
だから~
 
いつ見ても!!
 
~やっぱり  カッ ・・・・・   
 
  イメージ 4
~~~!! 
 
イメージ 3
イィ~♪?!
                                        ♬♫だからぁ~みんなぁ~♪♬
 
 
  イメージ 6
 ~爆(^^)♪  ・・・・・。
 


                                     
見るぅ~ 
 
 だけぇ~
 
 


おもしろオイ~コラ!!画像(ようわからん?!)

 

 ネットで~おもしろオイ~コラ!画像がないか探してみました。
 

 一部AKB関連のものがあり
自主規制~致しました事をご了承ください。
 
     では、 スタート!!
                                  


 
イメージ 3
 
                                


イメージ 4
 
 
                               


イメージ 5
イメージ 7
 
                             


 
イメージ 6
 
 
 
                            


 
イメージ 8
 
 



 
イメージ 1
 
 
 



イメージ 9
 

しばじゅん 『僕たちの未来』 好評発売中 
 



 
これで・・・
 

しばじゅん~宣伝プロジェクトは今回で終了です~♪
   
 

パチ!
パチ!
パチ!
 
 
で、、、最後に一言・・・・  
 
イメージ 2
 

スイミン~(⌒O⌒)
グゥ~
爆2
~♪
 
        
          


よう
(ーー)‰
~わからん
・・‰


 

 

なんすかコレ?(笑)パート2

   なんすかコレ?(笑)~の~炎を消すな!!
 
イメージ 10
 
 
             なんすかコレ?(笑)“( ̄▽ ̄)”♪
 
 
 
イメージ 3
 
                 なんすかコレ?(笑2)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
イメージ 4
 
 
 
                なんすかコレ?(笑3)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
 
イメージ 5
 
             なんすかコレ?(笑4)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 なんすかコレ?(笑5)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
イメージ 7
 
 
 
                なんすかコレ?(笑6)“( ̄▽ ̄)”♪  
 
 
 
イメージ 8
 
 
なんすかコレ?(笑7)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
                              
 
 
イメージ 9
 
 
 
                なんすかコレ?(笑8) “( ̄▽ ̄)”♪  
 
イメージ 1
 
           なんすかコレ?(笑9)“( ̄▽ ̄)”♪ 
                 
                         ~ 爆)♪
 
     そぉ~言えば・・・またまた~しつこいけどぉ~~~~♪♫♬。
 
\¤\᡼\¸ 2
 
          しばじゅん♪~もう買ったかな~。??
 
 
イメージ 2
(爆2)♪
 
       なんすかコレ?ハ・・・?“( ̄▽ ̄)”♪

アキュのDAC-10♪(楽しいB級オーディオ)

 
くっ!くっ!くっ! イメージ 1
 くっ!くっ!くっ!  
 
やっと念願のアキュのDAC-10をオークションで落札した!
 
くっ!くっ!イメージ 2
くっ!くっ!くっ! 
             
            そしてそのオークションには運良く・・ライバルがいなかった。
イメージ 3
 
 
   くっ!くっ!くっ!  オークション落札相場の6割くらいの値段で落札~♥
 
イメージ 4
   
     くっ!くっ!くっ!  まぁ!元箱がなかったけど・・お買い得だったのは・・
 
                    絶対に~間違いない!
 
 
 くっ!くっ!くっ!イメージ 5
 くっ!くっ!くっ! 
 
 
               そして・・ 2ちゃんねるでの噂では・・アキュの
 
                   DP―75Vと同等音が出る~
 
                        みたいなんだ!!
 
 
 くっ!くっ!くっ! 
 
 くっ!くっ!くっ! イメージ 5
 くっ!くっ!くっ!  
 
            
              早速、手持ちのDAC-20を取り外し・・・早々・・
 
                   ~試聴した!!~
 
   くっ!くっ!くっ!   イメージ 5
 くっ!くっ!くっ!
 
                     ・・・・ そ、そしたら・・・
 
  ““シ・シ・シ…深海“(゚Д゚)”魚~エェェエエエ””
 
 
イメージ 7
   イメージ 7
 
                  爆)♪   
イメージ 6
 
    2ちゃんねるの大嘘つき~☍☍(` ◎´)´!!
 

                
  爆2)♪ ゛
 



米国製SP/BagEndの「TA1200-O」

 
またまたネットを俳諧していると・・・興味深い記事がありましたのでここに御紹介したいと思います。
BagEndの「TA1200-O」・・というSPです。JBLより安かったのかな? 1本で8諭吉くらい?
 
 
(中略)     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それがこれ、BagEndのTA1200-O」。これはいわゆる業務用スピーカーでPAスピーカーと呼ばれる部類になります。市販で売ってるスピーカーで高能率のスピーカーは業務用のJBLとかエレクトロボイスとかのPAスピーカーぐらい。でも、真っ黒クロスケのデザインばかりなんですよね。それで、探したんです。ホームオーディオ風の木目調のデザインはないか、で、見つけたんです。米国モノです。    
日本では売ってません。                                                      
能率はなんと、101dbもあります。12インチスピーカーでもこの高能率はめったに無いです。ツィーターはラジアルホーン。このBagEndというメーカー、日本では一般的に知られていませんがミュージシャンには有名で、(ベースアンプ)の評価が高いメーカーなんです。⇒ Bag End Loudspeakersこのスピーカーの音なんですが、これが凄い音!ちょっと強烈。
 
イメージ 1
 
 
あくまでも私感ですけど。この高能率スピーカーと低能率スピーカーとを聴き比べてみたわけです。低能率スピーカーといっても、いわゆるハイエンドメーカーの中級機種のものです。ハイエンドオーディオのスピーカーでもいろいろありますので、一概には言えませんが、その中でも昔から気になっていたのは、高解像度、ハイスピード(反応が早い?)、高分解能でワイドレンジのモニター的なスピーカー。ディナウディオとか、ウィルソンオーディオ、アコースティックエナジー、エラックもそうかな、とにかく最先端の技術でハイレベルな音質をねらったモデル、そんな部類に入るような、某オーディオメーカーの低能率(86db)スピーカーです。              

某スピーカーとしたのは、⇒ こちらです。      

このスピーカーはネットでの評価が、非常に反応が早く高解像度、ジャズ・ロック向きとかで、まさに自分好みのスピーカーだと思ってたのです。それが安売りしてたのでまさに衝動買い。で、・・・この低能率スピーカーと高能率のBagEndと比較してみたわけです。感想は・・・、もうまったく別物。世界が違う。 
                 
イメージ 2

低能率ハイエンドスピーカーのほうは、確かにワイドレンジで特に低音がズシンと響くけど、ただ、何か無理に低域を伸ばしてる感じがする。反応が早いのかどうかよくわからない。印象は空間表現が良い感じ?、音場型というんでしょうか、広い感じ。見晴らしが良い?でも・・・、小奇麗過ぎてつまらない。音楽の熱いものが伝わってこない。全体に線が細いような音で、ボーカルの声も「体温」を感じないような、実在感に乏しい。            

高能率のBagEndスピーカーのほうは、まず最初の一音でビックリする。反応が速いというのはこういうことかと、納得してしまうほど音にキレがある。音源に入っているキツい音、ディストーションの歪音とか、スネアドラムの振動とか、トランペットの耳につき刺さるような高音とか、そのままガツンと出してくる。それでいて柔らかい音は、なんとも情緒豊かに浸透するように聴こえてくる。特に良いのがエレキギターの音。これはまるでその場で弾いてるように聴こえる。まさしくギターアンプの音。これは本当に凄い。こんなにホンモノっぽいのは初めて。      
元ネタ→http://bestoneneblog.seesaa.net/article/163391409.html 
    
イメージ 3
                       
にゃある~ほど~!!以上です。 ~ ^^爆)♪                                       
 
こ、、これは!私の以前の考え方によく似ている!!                                    
                  
でも最近、わかった事なんですがインピーダンスや能率の問題と言うよりは~やっぱりホーン効果!!
だと思うんです。      だから、、、いつも私の頭の中では・・・・・?
          
 
イメージ 4
                            (◠。◠)爆2♪
 
                          ・・・と言うことで・・・
 
      一家に1台!!ホーンSPを~あなたの部屋に如何でしょうか~? (◠。◠)爆3♪
       
 



JBLの魅力とは??

ネットを俳諧しているとJBLについて興味深い記事があったので、ここでご紹介したいと思います。
下記の筆者は間違いなく・・JBLが・・・嫌いです~爆(^^)♪
 
(中略)
最後に,THE ALFEEのCDがライヴのときの音を再現できないとキーくんママが言っていた件についても話し合った。小生はTHE ALFEEのライヴには出かけたことがないので,CDだけがその音調を予想する唯一の資料に当たるわけだが,小生の予想するTHE ALFEEの音楽とキーくんママがライヴで聴いている音楽とは,どうも食い違いがあるらしいことが前々から気になっていた。
 
とりわけ,小生が全くよい音とは思わなかったJBLのS3500(ペア定価390,000円)やInfinityのIntermezzo2.6(ペア定価300,000円)を,随分と気に入っていたのが引っかかっていたのだ。S3500もIntermezzo2.6も,音楽に本来ないはずの付帯音をつけて着色してしまう強引なスピーカーである(特に後者の「低域補正回路」なるものは,内蔵アンプのせいであろうがミニコンポ的な音調になってしまい,聴くに堪えなかった)。しかし少なくともS3500については,Stereo Sound誌でも多くの評論家が高く評価している。

 これについてのS氏の御意見はこうだ。JBLのスピーカーにはJBLの音と言うべき付帯音がついている。それは最高級機であるProject K2 S9800(ペア定価2,600,000円)でも同じだ。評論家がその音を高く評価するのは,彼らがその音で育ってきたからである。また,ポピュラーミュージックにおけるライヴは,楽器や声の生の音を聴いているのではなく,ホールに設置された音響機器(PA)の音を聴いている。現状ではほとんどのホールにJBLやALTECのスピーカーが設置されている。どちらもアメリカのメーカーで,付帯音をつけるタイプだ。キーくんママがライヴの音に近いとしてJBLを気に入るのは,ライヴにおいてこの付帯音を聴いているからではないか。こうした付帯音は,B&WやLINNではどうやっても再生できないだろう。

 サウンドクリエイトのO氏も,ディスクに記録されていない音は再生できませんと断言していた。やはりTHE ALFEEのライヴを再現するには,JBLを用いてもう1セットシステムを組み上げる必要があるのだろうか。AUDIOとVISUALを分けてシステムを組むなら,VISUAL側をJBLにする手もある。果たして今後どうすべきか。まずはDACの導入から考えようか。元ネタ→http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:q4BNwNq4SxAJ:www.saturn.sannet.ne.jp/keibokusha/cd_conductor/cd20010917.htm+l-509f+jbl&cd=14&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
 
以上  皆さんはJBLの音質をどのように評価しておられるだろうか??
 
                   私はこのように感じてます。
 
                   ↓↓↓
 
イメージ 2
 
 
                 (◠。◠)爆2♪・・・というのは 冗談で・・・^^)。。。
 
イメージ 1
                               
      と・・・お気楽な~回答なのでありました~♬♫・・・(* ^^ * )爆3)♪・・・
 



                    
 

 なんすかコレ?(笑) オーディオ編

   なんすかコレ?(笑)~の~炎を消すな!!(オーディオ編)
 
イメージ 1
 
             なんすかコレ?(笑)“( ̄▽ ̄)”♪
 
 
イメージ 2
 
 
                 なんすかコレ?(笑2)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
 
イメージ 8
 
 
                なんすかコレ?(笑3)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
イメージ 7
 
 
             なんすかコレ?(笑4)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 なんすかコレ?(笑5)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
 
イメージ 9
 
 
                なんすかコレ?(笑6)“( ̄▽ ̄)”♪  
 
 
 
イメージ 3
 
なんすかコレ?(笑7)“( ̄▽ ̄)”♪ 
 
                               爆)♪
 
 
 
 イメージ 4
 
                なんすかコレ?(笑8) “( ̄▽ ̄)”♪  
 
 
 
        そぉ~言えば~しつこいけどぉ~~~~♪♫♬。
 
\¤\᡼\¸ 2
 
          しばじゅん♪~もう買ったかな~。??
 
 
イメージ 5
(爆2)♪
 
       なんすかコレ?ハ・・・?“( ̄▽ ̄)”♪


オークション♪パート2(楽しいB級オーディオ)

最近、オーディオや映像関連のものを・・
                ・・・ 順次、オークションで処分しております~♪
 
                第2次部隊~出陣~!!
 
♪Panasonic / DVD-H2000
 
イメージ 1
                 売れました!!
 
♪S-955Ⅲ用エンクロージャー☆
イメージ 2
 
                売れました!!
 
♪PIONEER パイオニア DVDプレイヤー DV-410V-K
イメージ 3
                  売れました!!
 
♪TAOC/CS-120/キャスターストッパー付き☆
イメージ 4
                    売れました!!
 
♪OYAIDE OCB-1 SX 中古品☆
イメージ 5
 
 売れました!!
 
                   
                 ・・・そして最後は・・・                
 イメージ 6
 
 
 
  
“ギョョェ~(゚Д゚)~ェェェエエ ~” 
 
            
^^
爆)♪

 
 


 
プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR