やっぱり!JBL4429(楽しいB級オーディオ)

以前、プログにおいて、次期、購入候補はJBL4428とお伝えしていた。
 
この4428は当時、アキュのE-408, PMA-SA11,L-507Fで
市内某オーディオ店にて試聴し非常に好印象をもったからだ。
ただ・・私のようにベリリュム(プチ改)ツィーター使用している、ぶにゃ耳には
JBL4428のホーンとツィーターとの音があっていないんじゃないか?
いままでずっと~そう思ってたんです。
イメージ 1
そこで今回の進化したJBL4429の登場です。
イメージ 2
やっぱりというか、私のぶにゃ耳は正解でした。
 
新しいJBL4429はポリプロピレン(ホーン)ツイーターからチタン(ホーン)ツィーターに変更になってました。これでミドルホーンとツィーターホーンとの
音色がバッチリ合ったものと想像出来ます。インピーダンスは8オームから6オームにということで、多少落ち着いた雰囲気を出す為の変更ではないでしょうか。
 
でも個人的にはなぜ6オームじゃないといけないんですか?8オームじゃだめなんですか?とJBLに私は蓮舫さん風に聞きたい!!。
 
機会があれば、早急に試聴したいと思っていますが、ほら~聴くと
欲しくなっちゃうし、しばらくはB級オデオで我慢 !我慢!
 
でも頭の中ではすでに4428でなく4429になったのは
もう~ 間違いない。やっぱり~そうなのかい?
イメージ 3
JBL 4429 仕様

形式 300mm3ウェイブックシェルフ型
使用ユニット
LF300mm
径<1200FE-8
HF50mm
径ア<175Nd-3>+38mm径スロートバイラジアル
UHF19mm
径<138Nd+10mm径スロートバイラジアルホーン
インピーダンス
許容入力 200WRMS
出力音圧レベル 91dB2.83V/1m
周波数特性 38Hz45kHz(-6dB
低域再生能力 28Hz-10dB @2π空間)
クロスオーバー周波数
800Hz
-18dB/oct. LP ; -6dB/oct. HP
7kHz
-12dB/oct. LP ; -24dB/oct. HP
寸法(W×H×D400×635×335mm
重量 32.3kg
 
スポンサーサイト



猫の健康♪♪(キャットフード編)

猫の健康!みなさん気を使ってますか?
 
初めて猫を飼ってもう17年くらいになりますが、人間が猫の食生活に
気をくばってあげないと ~はっきりいって長生きしません。
 
まず、人間が食べるものを決してあげてはいけません。
 
昔は猫まんま などといって・・ご飯にかつおぶしにお醤油など
をあげていた時代があったそうですが・・味のついたものはいけません。
 
また味はなくとも人間の食べるものを決してあげてはいけません。 
もともと犬や猫は必要な栄養素が異なるので、そういう点では
やっぱりキャットフードがベストです。
 
しかしフードをケチって○○産や○産のフードはお勧めできません。 アメリカでは先
ほどの○○産のペットフードを食べさせてペットが死に至ったそうです。やはり、そこは
信頼の国産ペットフードが断然おすすめです。
 
我が家ではこの会社のを猫にあげています。
イメージ 1
イメージ 2
当然、国産品で合成着色料 不使用品 タウリン、ビタミン類入り これをペットにあげておけば
まず10年は長生きすると、私はそう思います。しかし猫と言う動物はとっても
グルメです。同じフードだと、すぐ飽きちゃいます。そこで国産品と
カナダ産オーストラリア産のペットフードイメージ 3
イメージ 4
 
をひっかえとっかえ猫にあげています。少しでも長生きしてもらいたいという、これが私の
猫の健康を考えたフード選びです。
 
動物病院の先生も言ってました。国産品ならまず間違いはないでしょう。と・・
国産品は国産品とフードパッケージに書いてありますから、ペットフード
売り場で注意深く、確かめてみましょう。 そうして(ペット)猫が健康で少しでも
長生きしてくれれば飼い主としても本望だと思います。
 
ちぃさいことですが普段からペットの健康に気をつけて、
                    ~ともに長生きしょうではありませんか。
 
 
 
 

オルニチンがやって来た。

1粒シジミ300個分
オルニチン
 
最近テレビ・ラジオで特に有名
 イメージ 1
1パック500円でのお試しが非常に良かったので
再度注文していたのです。
 
電話すると~注文が殺到していて2週間くらいかかります。
とのことで、待ちに待ってで~注文から約10日くらいで
到着した。
 
オルニチンはアミノ酸である。本来人間の体の
中にもちゃんとあるものなんですが、加齢とともに
減少・・疲労回復、肥満、ダイエット、肝機能の改善といった
ような効果がある。
 
~過去、コエンザイムQ、カルニチン、アルファリポ酸、アルギニン
   トウチエキス  などなど いろいろ試しましたが
イメージ 2
オルニチンが今まで使ってきた中で一番いい感じ
さて今日からオルニチンパワーで仕事がんばるぞ~
~つて言う事は、いままでは仕事、頑張ってなかったのかい
そうなのかい? あれ~ どちゅ~ん!!
 
 
 
 
 

怖い~!マーカー猫

マーカー猫とは・・
野良猫が自分の縄張りであることを
主張するため、犬のように縄張りである
色々な場所におしっこをすることである。
 
断言しますが家の猫は、絶対にマーカーを
しません。
 
ですが近所にのらがいるのは知ってました。
それと・・たまにディスクパソコンの液晶が濡れていました。
ま・・まさか家の猫が・・とも思いましたが
そのまま一応ほっときました。
すると うっぎゃー パソコン画面
黒い海坊主出現 !!
イメージ 1
私のパソコンまで縄張りだったとは・・
恐るべし・・マーカー(のら)猫!
猫のアンモニアVS液晶パネル破れる
 
、オークションで同型パネルを落札
したのは言うまでもない。
 

BDP-LX91・欲望は敵なり~

おっ!!
価格コムでついにBDP-LX9123万を切った。
どこまで下がるんだろう。
イメージ 1
これ・・欲っしい~
噂によると・・ウオルソンのDAC使ってるとかで・・CDの音もとってもいいらしい。
アナログ重視という開発理念もオーディオメーカーのパイオニアらしい。
ところで明日、臨時収入が入るのだが・買えなくもない。しかしこんな不景気な時に・・
パッパラパ~とそんなお金を使っていてはどうしょうもない。
今、買わなくてもどうせ今年4月から小銭貯金を開始したので来年のこの頃には
手にできるはず・・またミュージックBDもまだあまり出てないし、・これでアバター見るわけでもなし
ほら~大体メインシステムも1週間に時間ほどしか聞かないし、値段ほどの活躍するわけでもない。
ここは我慢・我慢
イメージ 2
~でもいったいどこまで下がるんだろう? 気になるなぁ~


歌って踊れるオーディオ編(楽しいB級オーディオ)

これが現在のメインシステム全景です。名付けて歌って踊れる?

イメージ 1
念願のプラズマ導入
によって、オーディオ兼、映像音楽専用という
変則的システムとなりました。しかし映画やドラマの音声の再生はすべてセカンドシステムに光および同軸にて、このシステムの外に出しています。
 
間違っても、映画やドラマの音声をS-955Ⅲから出すことは決してありません。


イメージ 2
その点が、まだオーディオをあきらめていない証なのかもしれませんね。
ですが15年前、オーディオを止めていた期間に進化を遂げたLDやDVD・ブルーレイなども素晴らしい技術であり、共に興味があって、結果、現在こういう変則的システムとなってしまいました。




イメージ 3
でもいずれパイのBDP-LX91の導入を予定してます。
・・結果如何でDVPが全てなくなる可能性もあります。
その時点でCDPの導入~って事にもなるやもしれません。
イメージ 4
しかしメインを稼動させるのは1週間で約3時間程度(爆音?

近所にあまりにも年寄りが多いもので・
・おいらも含め
)、実は現在のシステムのままでも特に不満はありません。

他はすべて以前ご紹介したセカンドシステムで聞いています。実は90:10の割合です。(実は最近セカンドの方が私にとってのメインではないかと、そう思ってます)



イメージ 5
~CDを聞き、プラズマで音楽DVDや音楽LDそして音楽BDを見る。~
笑われるかもしれませんが


・人間に例えるなら 歌って踊れる~


そういうシステムが私の現在の理想像なのであります。



・・やっぱり~そうなのかい?
  おわり・・
 

S-955Ⅲ/SPスタンド編(楽しいB級オーディオ)

かれこれ25年以上も愛用してきたSPだが・・
これほどSPスタンドに悩まされたSPはない。
それがパイオニアS-955Ⅲ
イメージ 1
 
相性が悪いSPスタンドだと・・とんでも
ない音がする。

市販のものも随分試したが、SPスタンドの固有の
音がすぐ音に反映される。ネジなどで組み立てる方式のものは
特によくない。S-955Ⅲの純正のスチール製SPスタンドも
存在するが高さが20㎝しかない。20㎝だとリボンツィター
が耳の高さにこない。33㎝の高さは最低限欲しい。
ある日オークションでオーダーでスタンド作ります~
とのページが目に止まり~指定のサイズでSPスタンドを
製作しもらうことにした。これだ~というか~もうこれ以外になかった。
S-955Ⅲのサイズ寸を計り高さは33㎝にしてもらうことに・・2本で25000円。

これは安い~製作にネジ1本使ってないし素材は米松に近いものだという。
  イメージ 2
当初あまり期待していなかったが、設置して聴いてみると木の素材のせいか、非常にナチュラルな音色となった。


特に効果的であったのが、見晴らしよく爽快な音となった事。ここで・・ああっ~そうかい?といわないでね!
特に高域リボンの音が綺麗に、そして低音の切れなど、効果は抜群だった。またまた~そうかい?・・・
ところでこのSPスタンドを製作して頂いた方なのだが最近HPもなくなって行方知れず・・もう再注文できないので,もうこれは貴重なSPスタンドとなってしまった。
 
そしてさらに、点接点にこだわり・・このSPスタンドにミニキャスターを付けてSP角度など微調整やSP移動しやすいものに・・
こうすることでさらに解像度がアップ。したような感じ・・

 イメージ 3
~不思議だが~最近1階の親父がいうのである。(私の部屋は2階)最近SPの低音の音がしなくなったと・・
 もしかして床に逃げていた音が前面に全て放射されるようになったのかもしれない。


 私の勝手な思い込みかもしれないのだが・・やっぱり~そうかい?
イメージ 4
次回は最終回で歌って踊れるオーディオ編です。  
やっぱり~そうかい?
 

 

方式3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット低域用:36cmコーン型
中域用:6.5cmドーム型
高域用:リボン型
再生周波数帯域28Hz~120kHz
出力音圧レベル92dB/W/m
瞬間最大入力220W
定格入力75W
クロスオーバー周波数950Hz、5.5kHz
マルチアンプ使用時
推奨クロスオーバー
低~中域:800Hz~1.5kHz
中~高域:5kHz~8kHz
外形寸法幅465×高さ720×奥行440mm
重量47kg

 
 
 
 
 
 
 

マイ・オーディオ事業仕分け編(楽しいB級オーディオ)

以前から思っていた事なのですが、自分自身オーディオ機器類には
過去、結構お金を掛けて来たつもり・・。しかしラックやスピーカー
スタンドなど・・あまり気にしたことはなかったのです。

 
が・・E-408導入後、


イメージ 1
ラックといえばヤマハGTラック、そして、・・
当時はサウンドマジックという知らないメーカーのラックを使用していました。
イメージ 2
GTが30キロくらいあり、サウンドMが8キロ?ほど・・
GTは底板にコロを付け、
サウンドMは安いながら真鍮スパイク・・
これらをスピーカーサイドの中央に並べて使っていた訳なのですがアンプを替えて
解りました。重量、構造の違う2つのラックはチャンネルセパレーションの悪さと、
スピーカーの高音の濁りや音のこもりなど・・どうも・・これはオーディオラックと
S-955ⅢのSPスタンド共々この際,一機に見直し再検討する必要が出で来た訳なのであります。


 
そこでネットで調べるとラックもオーディオ機器の一部であり、オーディオ
機器と同等に扱うべきだと・・

そこで資金を作るため、手持ちの機器を事業仕分けする事となりました。
 
まず当然!これを売りました
サウンドMラック 仕分け理由(AV用か?
 イメージ 8
次にこれも売りました
GT2000 仕分け理由(アンプフォノがOP為、レコード聞けない・)
カートリッジDL-103共々・・
 イメージ 9
次にこれも売りました
GTラック  仕分け理由(収納性がイマイチ、GT2000専用?)
 イメージ 10
次にこれも売りました
DV-S9  仕分け理由(DVPの買いすぎ)
 イメージ 11
次にこれも売りました
CLD-959 仕分け理由(LD-X1の足元にも及ばす・・)
 イメージ 12
次にこれも売りました
DVP-9000ES 仕分け理由(CDもSACDも同じ音?駄目耳?
 イメージ 3
ついでにこれも売りました

NS1000M    仕分け理由(爽やかなパイのベリが好き!)
イメージ 4
 
 
 以上の様に色々整理が進んだところで~
 
運良くタオックのHT-3Wと言う横長ラックを・・
をたまたま手にいれる事が出来ました。


 
イメージ 5
 
これは横長のラックですが将来的に薄型テレビを是非、置きたかった
こともあり、予算の面でも、もうこれ以外にありませんでした。
また、移動しやすい様に、支柱にはオプションであるキャスター
を別途注文しました。


 イメージ 6
これでオーディオ機器等を点接点(キャスター)ですべて床から浮かそうという試みです。これで音の共振は全て最小限に抑えれるはずです。
それと同時に前から不満のあったS-955Ⅲのスピーカースタンド
再検討すべく・・

イメージ 7
これまたS955Ⅲのスピーカースタンド探しが急遽、
始まるのでありました。 

     



       
~~ごめん!またまたつづく・・
 
 

柿の木登り猫(8)

またまた
柿の木登りシリーズです。
 
さて猫のみーちゃんはまた柿の木にいる
はずなんだけど~
 
どぁ~
イメージ 1
 
まるでジャングル!
 
で・・
 
探してみると・・いた!いた!
イメージ 2
 
今日は物干し竿なんだねぇ~
 
そこでアップ~
 
イメージ 3
 
おら~なに~みとんじゃい~
 
イメージ 4
 
でもやっぱり柿の木が
好きな!み~ちゃんなので
ありました。  ~つづく

マイ・オーディオDVP編(楽しいB級オーディオ)

アンプをアキュフェーズE-408に
買い替えしたことによって・・イメージ 1
 
入力側にも欲がでた。さすがアンプがここまで良くなると、いままでCLD-07G
(LDコンパチ)を使ってきたが、再度CDプレーヤーを買うかどうか?
当時お金がないのに悩んだ。~また単体CDPは中古でも高い

 
すでに、メディア関連もDVD真っ盛りの時代。
もうCDで音楽を聴くこと以上に、DVDやLDで音楽ライブを見て聴くほうが
私は好きになっていたんです。~人に例えれば歌って踊れる~?

もう映像がないオーディオシステムは考えられない。しかし、AVシステムの
様に、配線ゴチャゴチャ~スピーカーがバラバラ~するのも嫌だったし
映画DVDもあまり見ない。
~そこで目を付けたのがユバーサルDVPだった。1粒で2度美味しい
かつ中古で安い。絵もでるし・・ここから怒涛のDVP・LDP探しが始まったのです。
 
まずはこれを買った
DV-S9
イメージ 5
次にこれを買った
CLD-959
イメージ 6
 
次にこれを買った
DV-AX10
イメージ 7
次にこれを買った
DVD-A1
イメージ 8
次にこれを買った
DVP-9000ESイメージ 9
次にこれを買った



DVD-H1000イメージ 10
次にこれを買った


DVD-H2000・・デザイン全く一緒なので(汗~イメージ 2
次にこれを買った

LD-X1
イメージ 3
上記の機種は5年くらい前から現在に至るまで・・
少しずつ買い揃えたもの・・もちろん全て中古品です。
 
現在メインとしているものは
 DV-AX10 DVD-H1000 DVD-H2000
LD-X1の4機種 
 
CDメインはパナソニックのDVD-H1000ですが
・・このDVPを初めて聞いた時ただならぬものを、即、感じました。
~CDの音がもの凄く良い。



当然、電源ケーブル交換品ですが。当面は入力側は上記の4機種で決定しました。
イメージ 4
いままでパナソニックと言うと過去SB7000とチューナーしか買ったことがありませんでしたが、パナソニックの技術の高さには本当に驚きました。またラッキーな事にE-408との相性関係も凄く良かったんだと思います。しかし、・・
その後、機器を収納するラック・スタンドにまたまた不満がつのることに~
・・またまた~つづく


 
プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR