アメリカで売れた日本製スピーカー(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

CS-616発売当時、アメリカで最もバカ売れしたパイオニアの!HPM-100

本当はこっちが欲しかったんですが・・

~以下はHPM-100!関連記事です!


☆バート N. ロカンシーは1970年にJBLを去り、最初にALTEC、次にGAUSS、そして米国パイオニアに移籍 した。パイオニアではHPMシリーズの開発を引き受けた。(画像はHPM-100)

☆スピーカー王国アメリカでHPM-100が脚光を浴びている。フォルクスワーゲンの奇跡を思わせる衝撃。
 いいものは素直に受けいれる、アメリカの反応は早い。上陸後わずか1年そこそこのHPM-100に市民権を 与えたのだ。これは、またたく間にクルマ王国アメリカに君臨してしまった、フォルクスワーゲンの奇 跡に似ている。事実、ここ2、3ヵ月の間「HPMシリーズ」は群雄割拠のアメリカで、たえずトップを争 っている。頑固なまでの個性が、彼らに受けいれられたのだ。


☆「生半可な妥協が協されるくらいなら、およそ個性など存在しない。」B.ロカンシー。

☆「世界中の人たちの共感を呼び起こすスピーカーはつくれないものだろうか・・・」こうして1975年の 4月、HPM-100開発のプロジェクトチームが結成された。そのスタッフの中に、ひとりのアメリカ人技術 者がいた。JBLの技術担当副社長として数々の名器を手がけたB.ロカンシーが、技術顧問を務めたので ある。彼は頑固そのものだった。スタッフの感性とB.ロカンシーの感性はたびたび衝突し、その度に技 術的な検討と試聴がくり返された。試作したスピーカーは、実に200台を数えようとしていた。しかし 彼らは、安易な妥協はしなかった。もし、そうしていたら、稀に見るこの個性は生まれなかったに違い ない。HPM-100。それは、アメリカが共感した個性。

~当時!・・JBLの感性を持った初の日本製スピーカーの登場!

  しか~しCS-616と比べてスーパーツィーターが1個多いだけだと思うのは
  私だけであろうか・・????

スポンサーサイト



プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR