JBL 4428(楽しいB級オーディオ)

 
 
ちょうど5年くらい前に・・
当時使っていたアンプが屁たってしまったので・・
行き付けのオーディオショップに行き
当時のアンプを色々聞かせて頂いた。
 
スピーカーはどれで試聴されますか?と太っちょ~店員が私にそう聴くので・・
ざっと見渡すと こいつが 目に付いた訳である。
 
JBLの4428。
イメージ 1
アンプは下記プリメインアンプで試聴した・・
 
アキュフェーズ E-408
 
ラックス     L-509Fと 507F
 
デノン      PMA-SA11
 
さすがにJBL4428はどのアンプでも大変心地良く鳴った。
このサイズにしては地の這う様な低音、表現豊かなホーン中音域
シャープに伸びる高域。ふっふっふっ
これは、即、気に入ってしまった。このサイズでこのスケールは
大変に魅力的である。
イメージ 2
ぶう~猫おやじは大体がこう言うブックシェルフタイプのスピーカーで育ってきた。
その為か・・とてもこのサイズに安心感がある。
イメージ 3
また我が家でオーディオ類のある部屋が2階にある為、重量が1本32,5K
は腰にとっても良心的で、2階に上げるのに圧死する危険性も低い。
 
これは私の次期、メインスピーカー候補としてとても有力である。
 
私はこのJBL4428をYES・WE・CAN・と絶賛したい。
 
しかし、ここは日本だしアメリカではない。・・よって今回は
 
山田ぁ~ざぶとん10枚~もって来い!くらいにしとこうか。
 
~笑点かよ~ォ??

3ウェイブックシェルフ型
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
使用ユニット300mm径ケブラーコンポジット
コーン・ウーファー<1200FE-8>
50mm径ピュアチタン・コンプレッションドライバー<175Nd-2>+バイラジアルホーン
19mm径ポリプロピレン・ リングラジエーター<015M>+バイラジアルホーン
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
インピーダンス
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
許容入力200W(RMS)
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
出力音圧レベル91dB(2.83V/1m)
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
周波数特性40Hz~40kHz(-6dB)
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
クロスオーバー周波数900Hz、7kHz
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
寸法(W×H×D)400×635×338mm
http://www.harman-japan.co.jp/common/img/spacer.gif
重量32.5kg

 
3ウェイ3スピーカー
 (ウーファー1200FE-8、ミッド175Nd-2、ツイーター   015M)
 8オーム 91dB 
  W40xH63.5xD33.8cm 32.5kg 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



JBL 4344 (楽しいB級オーディオ)

 
オーディオショップに立ち寄った時、
 
私は JBL 4344 をいつも聞かせて頂く。
 
そこには必ずジャズが演奏が・・
イメージ 1
当然、マッキントッシュのアンプでドライブされている。
 
オーディオを始めて いっかはJBL 4344 ・・
 
アンプはマッキン  それは今でも夢です。
 
それは、とくにドラムス・サックス・ピアノ・・
 
あたかも、その場で演奏しているかのようなリアリティ・・
 
だが・・最近ふと・・なぜジャズしか聞かせないの?
 
なぜ・・4344で坂本冬実やパヒュームを演奏してる
 
オーディオショップがないの?
 
ふと・・そう疑問を抱いてしまった。
 
私が・・もし・・坂本冬美の~また君に恋してる~のCDを持って・・
 
これ~聞かせてくださいと言ったら・・
 
ショップの店員はどのよう反応をするだろうか?・・
 
きっと~本気?~マジ?と思われ~失笑されることでしょうね。
 
そこで坂本冬美を聴くなら絶対お勧めのスピーカーを発見!イメージ 2
 
アバンギャルド DUO
 
これはドイツ製のスピーカーだが・・なんと爽やかな音なんだろう!
 
カルフォルニアサウンドと言うべきか・・ボーカルが実在的で楽器もリアル。
 
これは久々、本当に音の良いスピーカーだと、そう感じました。
 
それも~お値段~なんとぉ~300万??
 
開発者、いわく、プログレの巨匠、あのピンクフロイドの曲も
 
開発段階で試聴調整リファレンスに使ってますとのこと・・
 
おおっ~それは凄い!!~さぁ今日から夢のロト6に再挑戦だぁ~!
イメージ 3
~といってもJBL 4344 が・・やはり~より現実的!。
 
これで坂本冬美が聞けるなら最高なのですが・・・
 
私の予想としては?~やっぱり演歌に~これ厳しくないですか~??
 
JBL 4344 4ウェイスタジオモニター
型式 4ウェイスタジオモニター
ユニット 低音用:2235H
中低音用:2122H
中高音用:ホーン型(2425J+2307)
高音用:ホーン型(2405H)
定価 1,340,000円(ペア)
許容入力(IEC) 120W(IEC)
周波数特性(-6dB) 35Hz~20kHz
出力音圧レベル
(2.83V/1m) 93dB
クロスオーバー周波数 320Hz、1.3kHz、10kHz
ターミナル マルチアンプ駆動切替付き
(外部ネットワーク必要)
インピーダンス 8Ω
寸法(W×H×D、mm) 635×1051×435
重量(1台) 96kg

柿の木登り猫(7)

 
柿の木登り猫~
猫のみ~ちゃん。
久々に木に登ったんだねぇ~
イメージ 1
 
 
君の好きな春がやっと
やってきたね・・。
あら!まぁ~柿の木に若葉が~
君が柿の木に登らなければ~
 
イメージ 2
きずかなかったよ~
春の訪れ。

DS-5000ダイアトーン(楽しいB級オーディオ)

このスピーカーを最初に聞いたのは、83年頃だろうか?アンプは確かアキュフェーズでレコードプレーヤーがマイクロの砲丸級ターンテーブル(糸で回転?)のレコードプレーヤー。それは爆音でした。(オーディオ店で聞いたのですが・・)
 
イメージ 1
 
その音は・・解像度が高くまさに金粉を撒き散らすような雄大な音でしたが・・なぜかキンキンした音で耳が大変疲れたのを今でもはっきり憶えてます。だぶん砲丸ターンテーブルの影響が濃かったのだと思います
 
ごくごくたまに~オーディオアクセサリーという本を立ち読みするのですが・・オーディオ評論家に福田さんと言う方がいらっしゃいます。(最近では電源やコードアクセサリーの自作の達人になられているようで・・)その紙面コーナーに福田さんのオーディオルームの写真が写っているのですが、そこに鎮座しているのはなんとDS-5000ではありませんか~。まだこんな古いSPを使っていらっしゃる。なにか理由でもあるのでしょうか?・・そこでネット検索してみると・・ある記事が・・・
イメージ 2
~オーディオ評論家福田雅光氏はダイヤトーンDS-5000を23年もの長きにわたって愛用されている一人である。
 
2年前京都のオーディオショップでA社の機器試聴会が行われたとき、福田氏が講師として来ておられたので、いろいろ質問させてもらった。「福田先生はダイヤトーンのDS-5000を現在なお愛用しておられますが、今後導入を考えておられる新しいスピーカーはありますか」と質問したところ、次のような回答された。「現在国内外メーカー問わず自分の気に入ったスピーカーは存在しない」ということであった。それだけ現在愛用のダイヤトーンDS-5000に愛着もあり、気に入っておられるものと察した。~
 
なるほど・・DS-5000にも愛着があり、スピーカー~買い替えするくらいならケーブルの自作をせんかい!!
      安いし~という事ですね!
 
では・・福田氏以外の評論家は・・・
 
~近年、石田氏はJBLエベレストに買い替えした
 
イメージ 3
 
~近年、藤岡氏はパイオニアTAD-M1に買い替えした
 
イメージ 4
 
福田さん。そんなにお金溜め込んで一体どのようなスピーカーを買われるのでしょうか?
 
 
 
そこで提案!こんな形のスピーカーはお気に召さないだろうか?
 
                      ~鏡餅スピーカー・マークⅡ~~(^0^‰ 駄目ぇ~??
 
 
イメージ 5
 
 

 
 
 
 
 
 

テクニクスSB-7000(楽しいBオーディオ)

イメージ 4
大昔、近所にパナの家電ショツプがあって、店内にこのSB-7000が置かれていた。
なんと!デッカクてカッコいんだろう。家の両親が、この電気店の店長と知り合いだった
為、たしか・・・1台7万×2=14万で購入。当時CS-616も持っていたが、このイカつい
面構えのSB7000に惚れ込んだ上での購入でありました。イメージ 1
 
その音質はと言うと・・35cmウーハー、それはゆったり、量感重視の低音で、特に生ギター
が生々しく、全体的にアコースティックな曲が得意だったと記憶しております。ただこのコーン紙。
他のメーカーのコーン紙と根本的に音が違う。コーンらしくないコーン紙の音。表現しにくいが、
一言で言うとなにか~渋~い音というか~。そういう意味合いにおいて、このSB7000は非常に
個性的なスピーカーであったと思います。
イメージ 2
またこのSB-7000は位相特性を揃えるリニアフェーズ方式とかいって、それぞれユニットをずらして配置。
この方式で自然な音場感・ユニットのつながり・といった点で一定の効果があったように思われます。
ある意味でこのスピーカーは使い勝手は良かった。大きさの割りに軽いし、左右に取っ手も
ついてて移動が楽だしフロアー型で床に直置き。そのまま聞ける。
 
このSB7000・・・現在、私のいとこのところで活躍している。(活躍していないかも…??)
いとこの所から、拉致して、現代の最新のアンプで、もう一度聞いてみたいと思っているのだが・・。
 
しかし~この大きさ!!~腰も痛いし断念せざるおえない!!
 
・・・・ちなみに~私のいとこは~このSB7000のことを・・・
                                  ~鏡餅スピーカーと呼んでおります
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

私のサードシステム(楽しいB級オーディオ)

おはずかしながら・・
実は私の仕事、兼パソコン部屋にサードシステムがある。
 
仕事部屋にも音楽が欲しかったからであ~る。
 
でも良い音聴く為には最低限アンプだけは妥協したくなかった。
セカンドシステムのオンキョーのA-927がすこぶるよかったので迷わずA-925
のリモコン付きを・・・
 
で、次にFMが聞きたかったので、「完動品ですがステレオにならない」というヤマハのチューナー
T-5D、CDP替わりで、DVPだがCDの音が良いというXV-A500「リモコンが難」を・・
スピーカーはケンウッドミニSPのSA7の音が思いのほか良かったので大き目のLSF-555などを
それぞれヤオフクで落札した。~ぶひ
イメージ 1
(下記、ヤオフクにて・・)
アンプ オンキョー A-925リモコン付き        落札 
 10.000円
 
DVP  ビクター      XV-A500         落札    
1.000円
 
チュナー ヤマハ       T-5D            落札    
 500円
 
スピーカー ケンウッド  LSF-555          落札   
 3.000円
 
                         合計           14.500円
イメージ 2
だいたい土曜、日曜朝のFMメインに聞いているのだが~実に良い~
J-ポップも楽しく聞ける。
 
でもヤマハの500円のチュ-ナーはバリコン式で重い感触のツマミを回して選曲するのだが・・この重量感はとても心地よく快感である。
チューナーの音質や使用感にひかれ古いチューナーを落札されている方をお見受けするがなにかぁ~すごく気持ちがわかるような気がする。
 
DVPのビクターの音も・・実は一目置いていて、繊細で,甘味~
 ケンウッドスピ~カーは軽く耳触りよく・・
ただ裏バスレフの為か、低音が出にくいし鈍い感じ・・なぜ前バスレフにしないのだぁ~ケンウッド

!!   しかし他のシステムと高さがちょうど合った為、それは、それで納得とした。
 
ところで555のツィーターだが・・いつの間にか、汚く~先端が擦れている。
サランネットと擦れた
のだろうか・・
 まぁ~3000円だし~ここは~良しとしょ~と!
イメージ 3
 
 
 
 
 
                  
 
 

DV-S9の里帰り(楽しいB級オーディオ)

再度~D/Aコンバーターとして使用する為、DV-S9を先週の日曜に落札した。
~以前、手放してのその後4年ぶりの再開である。イメージ 1
 
久々に再開したDV-S9の第一印象はというと~なんと~でかい~べんとう・ばこ・ちゅか~
当時は代替えとして新たにDV-AX10を導入したので見切りをつけての放出であったのだが・・
 
それが、ちょうど1年くらい前にパナソニックのDVD-H2000なるものを落札した。
このDVP機はアップサンプリング機能がある。このDVD-H2000をトラボとして
DV-S9(レガートリンクコンバージョン)D/Aコンバーターとの組み合わせたらオモシロソウ
と思ったのがそもそものきっかけで。(夢に出できたなぁ~
 
(実験)
 
アップサンプリングトラボ+レガートリンクD/Aコン=
 
~どんな音でるかな?~どんな音でるかな? て感じか・・
イメージ 2
早速、繋いで聞く。まずはDVD-H2000のノーマルポジションで聞いたが・・最初に音像が大きくその不思議な音場にまず気付く。次にサンプリング1・2・3と切り替えてみる。サンプリング1か2がバランスがよさそうなので、これで再度、試聴。
 
結果~・・アナログ時代の古い録音のCDディスクにおいては~レンジがどば~っと上下左右に広がり、大変、好ましい鳴り方をしたのには驚いた。最新のCDディスク再生は、相乗効果であろうか?イマイチな印象。
 
久々再開した12000円の弁当箱?~DV-S9はD/Aコンバーターとしては非常に面白い。
 
実は、次の構想として・・・東芝のSD-9500をひそかにに狙っているのだが
 
・・相場が高すぎまするぅ~!!
イメージ 3
どこか、そこら辺に・・ジャンクでいいから・・落ちてないかな~
 (写真はDVD-H2000~文字が動いているからぶれたのヨ~ン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DP-47Fデノン(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

名機 DP-47F!!と言う歌い文句につい・・そしてレコードを久々に聞いてみたいと
言う衝動にかられ、このレコードプレーヤーを落札してしまった。

以前、ヤマハのGTシリーズをもっていた、私がぁ~である。

フルオート、中古針付き,および新品針付き!

アンプA-927に接続しプレーヤーの電源をいれ、行方不明レコードを捜索、確保し・・
針を下ろした。(沢田聖子のアルバム?・・こんなレコードがあったとは・・汗~)

ん~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!

なん~か、コンポ付属のCDプレーヤーを聞いているみたいだな。Aー927の
ヘッドアンプの貧弱さがすぐ解ってしまって、さらにショック!。そして高域がな~んかぁ
~とても~ シャリ~・シャリ~・と~しかし、それは付属の中古針で聞いているので想定内の現象~。

かたや、この47Fの針・DSNー80は、どうやらもう製造中止で、かつ貴重であるよう
ようなので、今回は開封せず。=どっ、どケチ~!!

でも、久々にレコードを聴いて、パチ・・パチ・ブチ・ブチとレコードの傷と埃の音。
CDの音に汚染された私の耳は、そこばかり気になってしまう様に・・

しかしレコードーはなにかしら、CDにない独特の開放感、伸びやレンジ感があり、これは
これでとても捨てがたいものでもある。しかしながら、実にこのプレーヤー!あまりに軽すぎるし、
欲を言わせてもらえば、アームの動きにも威厳がないというかぁ~とてもチャ~~チィ~感じ。

とう事で、例によって、今回はプレーヤ 新品針 ともども。オークションへ・・

でもこのDP-47F!!・・プチアナログ入門機としてまだまだ人気が高そう。
今回はアンプが不向きであったが、もっとアナログ部分にお金が掛かっているアンプ
を使えばもっと違う結果が出たはずである。予想するに、同じメーカーのデノンのアンプ
ならば、全く問題なさそうだ。

さぁ~みんな~DP-47F!!買って~レコード~引っ張りだして~

アナログの世界に~レッツ! トライ!・・してみては~

ミニスピーカー旅立つ!(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1

イメージ 2

ヤフープログのお友達がミニスピーカーを引き取ってくださると言うので、・・

昨日、即日発送した。 (汗~)

時間がなく焦って梱包した為・・・大変雑な梱包に・・・(汗~)


とりあえず無事に着く事を祈ろう!・・ (汗~)

これで部屋のスペースが少し広くなったような気がする・・

しかし昨日・・また違うのを落札しちゃったよ~

~もう~これは~一種の~病気だなぁ~!!!

木登り猫(6)

イメージ 1

イメージ 2

やぁ~

み~ちゃん

ゲゲ~ッ

今日は柿木じゃ~なく

他の植木の木にのぼったんだねぇ~

そっちは~いったい何が見えるのかな~(汗~)

もう春なので、お山の桜でも見ているのかな~

しかし!本当にみ~ちゃんは~とって~も高~い、高~い、

~ところが・・好きな~

猫なんだねぇ~  ぶひっ!

プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR