CS-616パイオニア(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

前回ご紹介したヤマハのスピーカーが(1000円でゲット)
とても良かった為、またぁ~ポチポチ病が再発!

次はパイオニアのCS-616というスピーカーを8000円
でゲットした。相場としてはやや高めのゲットだった。

すぐ欲しかったので・・相場無視!

実は・・これ以前、持ってました。

ジャンクとして5年前にオークションで処分済み。
15年不動品(ツィーター ミッドがボロボロで・・ウーハー
 のみ処分)

でもセカンドシステム構築中に、この格安システムで
あのCS-616はそこそこ鳴るのではないかという
妄想が心に生まれて来ました。

その単細胞アメーバー的発想は下記です!

〇オンキョーのアンプ(A-927)は無帰還アンプである。
〇A-927はトランジスターアンプでありながら真空管に近い
 音がするらしい。
〇ダンピングファクターが150
〇DVDP(パナ)は癖がないのでA-927と好相性?

とつまらぬ想像からついに

CS-616を・・また??

オークションで落札しちゃったょォ!


ところで、若い時、ロック少年だった私はT,REXファンでありました。

ナニ~??T,REX?? わかんな~い??

では!多分こう説明すればわかるはずである。

~20世紀少年のテーマソング~と言えばわかるでしょ~。

ハードなリフのこの曲もレコード時代には頻繁に聴いてていたのだけれど

時代はデジタルに変わってT,REXやこの曲も段々聞かなくなってゆき・・。

レコード時代の感動は何処へいっちまったんだと嘆いていた矢先に

あるプログを発見!

その方のプログではJBLのスピーカーをとことん愛し最終的に4344を購入。
アンプはやはりマッキントッシュ!で、さらに最新のJBLエベレストまでも視野にいれ
再度グレードアップしようと最新JBLのスピーカーを散々視聴したという記事。

そしてその方の最終結論!
なんと・・手持ちの4344を手放され・・それより古い時代のJBL
SP(型番忘れた・・)に買い換えられていた。

そして彼のプログの最後にこう書かれていた。

綺麗な音しか出さなくなった最新のJBLは私にとってもうJBLでない。
私にとっては最初に感動したあの当時のJBLスピーカーが本物のJBLだった。と・・・

 古~い~CS-616をセカンドシステムで聞いてみた!!

おぉ~★☆★☆レコードで聞いた時の感動がぁ~蘇ったぞぉ~☆○●◎☆!

このスピーカーのいいところ・・〇30㎝ウーハーでこのおなかに響く重低音!
             (当時パイオニアにJBL開発者が在籍、CS-616の開発に携わった)
                
               
               〇決して綺麗な音を出さない!
               (ハードなロックに綺麗は無用!)

しかし~移動が~辛い~よ~◇◎●∞@&腰がぁ~ぁ~◇


方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:30cmコーン型
中域用:10cmコーン型
高域用:4.5cmコーン型
インピーダンス 6.3Ω
再生周波数帯域 30Hz~20000Hz
出力音圧レベル 93dB/W/m
最大入力 100W
クロスオーバー周波数 1500Hz、4000Hz
外形寸法 幅375×高さ665×奥行318mm
重量 25kg

スポンサーサイト



ヤマハのスピーカー(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1

イメージ 2

古いプログ~  http://ameblo.jp/jazzclub/archive1-200504.html

~わたしが選ぶのは70年代からの80年代のスピーカーだ。YAMAHAのNS-160Bは帯域が狭い分、中音が充実しており、ジャズを元気に鳴らしてくれる。70年代後期のものなのでいつ壊れるか分からないが、エッジが布製だから、極端に乾燥させない限り、当分大丈夫か。さすがYAMAHAでピアノの再生音は非常にリアル。~

と言うことで試しに落札してみた。サランネットが破けています。でも完動品
です。

開始価格が1000円だった。 そして落札! やっぱり1000円だった!

確かに上記の記載どうり、Fレンジの広がりはないのだが・・出すべき音は
ちゃんと全部出ている。低音も密閉式だがグイグイ出てくる。高域は写真の
つら構えからして出ないのではないかと思ったが、実はスカーッと上までちゃんと
伸びている。

でもヤマハだからモニター的でちょいと淡白。でもノラジョーンズを聞いた時
ほかのスピーカーからはっきり聞こえない部分の音まで聞こえたのには
驚いた。(ドラムでステックではなく細い針金束ねたやつ・・・・
専門用語がわかりません。)

ヤマハのSPとしては人気がないようだが・・とりあえず押入れ保管。
たまにひっぱりだしてオンキョーのD-22fとひっかえとっかえして
聞いている。

こんなの聞いちゃうと・・もう1万以上だしてSP買うのがバカらしく
なってしまった。1000円で・・この音なら十分納得です。

こいつが縁でついに80年だいから70年代にタイムスリップして
して行く。

次もまた古い~スピーカーを落札してしまうのでありました。

柿の木登り猫(5)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

やぁ~。

み~ちゃん。

久々に今日は晴天だな~。

今日も柿の木にのぼったんだ!




今日も写真とったろ~

パチリ!

パチリ!

パチリ!


おらぁ~ いいかげん前を向かかい!(怒…)

ほら~最後は写真とぎれちゃったよ~。

み~ちゃん 今日は忙しいので~

撮影回はここで終了だぁ~。

あっ“~忙しい~あっ“忙しい~“~銭儲けは辛い~わ!!

木登り猫!(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

やぁ~

み~ちゃん。

今日は気温も暖かいし・・。

久々に、木にの登ったんだね~。

今日はいったい何がみえるのかな~。

ところで最近、また寒かったので

ちょっぴり太っちゃったかな?

久々の方向転換が、ちょっと!危なっかしい!

写真撮るのにフラッシュたいたら、み~ちゃん~のその目!。

まっしろ~で光っている!。

まるで宇宙人の目だな~。

怖わ~。

パナソニック DMR-E10(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1
 
 
最後のCDプレーヤー兼DVDプレーヤーが決定した。それはパナソニック DMR-E10である。
最終決定に際して、DVD-A1,DVD-AX10,DVD-S9,DVD-H1000,DVD-H2000
DVDP-S9000ES等も一部視聴した結果、どうもしっくりこない。
 
DVDPがオーバースペックなのか、どうも音質面でリラックスして聞けない。
そこで、以前より目をつけていたのが、DVDレコーダーをDVDPとCDPとして
使う案だった。
 
いまどきHDDなしのDVDレコーダーなんて誰も見向きもしない。
よって落札価格が安いしDVDはともかくCDPとしてのクオリティは
高いのではないかと言う思惑があった。
 
そこでヤフーオークションで落札。
 
DMR-E10  落札価格  な・・なんと! 1000円
          電源コードなし
 
    ★ メガネ電源コードは電気屋で普通のものを購入
 
音は至って癖がなく、非常にナチュラルな音調。私の勘はほぼズバリ的中した。
90年以前のバブリーなCDP(マッタリ音調)を落札するより、こちらE-10は音が鮮明で、また柔らかい。
 
★後で分かった事だが、純正のメガネ電源コードにすると、音が細身になるので
 市販のものを購入した方がやはり正解だった。★。
 
○よってB級オーディオ セカンドシステム
 は下記の構成となった。                  
                   オークション落札価格
AMPオンキョーA-927                 20.000円    
DVDPパナソニックDMR-E10              1000円
SP   オンキョー D-22F                2400円
LDパイオニア     LD-X1              33.000円  
デノンD/Aコンバーター     AVD-2000      2.400円
 
           合計                   58.800円 である
 
しかしLDなしでは   →→→→→→→→        25.800円
さらに→→→→→→→→→→→→→アンプをA-925(リモコン有り)(1万くらい)
にすると→→→→→→→→→→わずか15.800円でこんな上質の音を楽しめるでは
                         ないか。(メインシステムも顔負け!)
              
 結果、わたしのB級オーディオとは、たとえ小額予算でも機器の組み合わせの妙で、とても上質な
    音が聞けると言うことを証明して行くことにあった。
 
  今後の 私の目標!!低予算と高音質とのバランスを追求したシステムの構築。
 
    安いのにこんな良い音でいいのかあぁぁぁああああ!!
 
    安くてもこんな良い音でい委~員です!!(ふれっつひかり?・・)
 
     """"""""(過去オーディオで散財破産した男の雄たけびでした!)
 
 
 
 
 
                       
 
 
 

愛しのマリリンモンロー

小学生の時。
 
当時、おじさんが持っていたプレーイボーイ
 
そこに、この写真が掲載されていた。 
 
マリリンの下積み時代のヌード写真。(欲しかった!!)
 
世の中にこんなに美しい女性が存在するものなのか・・
 イメージ 1
と子供心に勝手にそう感じたものだ。
 
いまは亡き彼女のドキュメンタリー番組などを見ると、そこには愛くるしい女優マリリンモンローを懸命に演じった生の彼女がいて、それは映画以上にとても興味深かかった。
 
この写真の撮影後、彼女は一気に有名ハリウッド女優として
アメリカンドリーム的な、その歴史に名を刻むこととなります。
 
子供心に一瞬、天使を見たような、・・・
 
そんな1枚の写真でしたねぇ。
 

ケンウッドのLS-SA7(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1
以前、ケンウッドのミニスピーカーLS―SA
7を落札した。
現在も私の部屋に現物がある。
 
6Ω高28.cm奥行24cm 16.cm
ほどのミニスピーカー。
 
当時、まさか!まさか!の100円で落札してしました。
 
出品者の方は相当青くなっていたようです。
オークションも弱肉強食の世界なので・・私も情け無用に100円と送料を出品者の
方に振り込んだ記憶があります。
 
このスピーカー!大体、600~1000円くらいが相場とか・・??
確かに場所を取らないし、このサイズからして音もいいし、低音もよく出ている。
 
しかし私の場合のミニSPは必ずと言っていいほど、その後。
部屋の片隅に野積み状態となってしまう。
 
他にケンウッドのLSF-555も所有しているが、そのくらいの大きさになるとなぜか?
安心領域に到達する。
 
だから、最近のシアターシステムで小型SPが沢山付いているシステムを
みると、鳥肌がたち、なぜか拒絶反応を示してしまう。
 
だから当然、ミニコンポもないし、ラジカセもない。
 
これは、バブル期のオーディオで育った後遺症に違いない。
 
LS-SA7・・どう処分しょうかと迷っている。・・
 
オクに出品しても逆に100円で落札されたりして(笑い)
 
どうせならLS-SA7をもう一組、オクで落札してスピーカーマトリックス
でもやってみようか!とも思ったが・・
 
その結果次第では???野積みSPがなんと4台!  怖わ~"""""
 
やっぱり!暇な時オークションに出品することにしま~す。
 
と思つつ早、3ヶ月も経ってしまった今日この頃なのでありました。

あれ!L-02A ケンウッド!

イメージ 1

こないだオークションでケンウッドのL-02Aが出品されたが・・
ちゃんと落札されたのかな・・ http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e102163525

そうすると・・また新たな出品が・・・http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r63709055

んーん。

また、ジャンク品なんだ。

修理できると仮定しても、一体、いくらかかるんだか・・。

そういう点ではアキュフェーズのアンプのほうが故障知らずだし
メーカーメンテナンスも安心。

やっぱりL-02Aは諦めるしかなさそうだ。

ヤマハ GT-2000

イメージ 1

イメージ 2

確実に20年くらい使用したレコードプレーヤーですが
当時、ドンシャリ好きだった私にとって決してベストなプレーヤーでは
なかったけれど、故障など無縁で非常にナチュラルな音がしていました。

ターンテーブルの安定感が抜群であり、音の柔らかさ、音の太さ、ヤマハビューティを感じさせる
繊細な高音など、素晴らしかったと思います。

ただ・・30K以上もある重量は移動の時、大変困りました。
腰が・・おーっ!痛ったたたた!

そこで・・
5年前にヤオフクにて8万くらいで落札して頂き
大変有難かったです。

まだレコード自体を処分しきれていないので
ドンシャリ好きの私は実は密かにソーニーのフルオート
PSーX65を狙っています。が、いかんせんA-927の
MC,MMの音は非常にイマイチなので・・躊躇しています。


ですが純粋な音楽ファンの方で腰がまだまだ丈夫な方には、
今回ご紹介したヤマハGT-2000どは如何でしょうか。、

電源をいれ、ターンテーブルを回転させ、針を下ろす。
そして眺めていても絵になるような・・・・

それがヤマハGT-2000でしたねぇ。

D-22F ONKYO(楽しいB級オーディオ)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

セカンドシステムの構築中にまたスピーカーを2400円で落札してしまった。
それはONKYO(D-22F)である。かの長岡氏が音質がとても良いと評されたD-77
のミニ版スピーカーが、このD-22Fなのであります。

最初、音出しした時は、スピーカー端子が汚れていて、音がいいのか、~悪いか~。
解らなかったが・・清掃後・・・。なんと映画のセルフなどがとても良く聞こえ大変ナチュラルでマイルド。低音など、どっどょ~ょ~んと量感たっぷりに伸びきるところも大変よい。これが2400円???
本当に!真じっすか?と言いたくなった。

むむ!!〓そこで手持ちのスピーカーを再検討する
●今回のD-22Fが2400円
                                ↓↓↓↓↓
(SP)            (落札金額) 
①BOSE 301MM2     10,000円   D-22Fの4倍の価値あるか→ ◇NO! 
②S-1300DV  エッジ交換含み15.000円   D-22Fの6倍の価値あるか→◇NO!
③セレッション9        20.000円   D-22Fの8倍の価値あるか→◇NO!

D-22Fは③セレッション9の音質と大変よく似ている。さすがにパワーはセレッションほど
ではないがD-22Fは八方美人的ところがあって、色んなソースに対して懐の深いところが
ある。セレッション9の能力を100点とすればD-22Fは80点といったところ・・

★結果!B級オーディオのスピーカーはオンキョーのD―22Fで決定!!☆
(現在も毎日ガン!ガン!活躍中で・・予備でもう一組落札保管している始末です)

★BOSE・301MM2・S-1300DV・セレッション9すべてオークションで処分
済み~。あっ!それと部屋がとても広くなったので大変嬉しかったのでありました。

(追記・・)
 (D-22FのSP端子は必ず汚れているのでアルコール等で必ず清掃してください)

ONKYO D-22F\21,500(1台、1992年11月発売)
コストパフォーマンスに優れた小型3ウェイスピーカーシステム。低域に18cmコーン型、中域に8cmコーン型、高域に2.5cmソフトドーム型のユニットをそれぞれ採用しています。バッフル板には24mm厚のパーチクルボードを採用しています。
 

プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR