アキュのE-450のその後・・

イメージ 1

アキュのE-450が到着して3週間がたった。しかしこの年末は仕事が忙しく
実のところ、ほとんど聞いていないのが現状である。

しかしこのE-450はまだエージング途上のようで、まだまだ音がほぐれて
いないし音色的にもまだまだの様である。E-408の場合音がこなれるまでのエージングに1年くらい掛かってしまったが、かたやこのE-450は現在のエージング段階で全くいやな音を一切ださない。音が柔らかい、全くうるさくない。また部屋の隅っこにいても音が良く聞き取れるほど拡散的である。

片や、E-408の場合はリスリングポジションをある程度決められていたが、E-450は部屋のどこにいても音楽がよく聞こえる。寝っ転がっていても、それは同じだ。改めて思うに、やはりこのアンプを通してのCDP、DVDPで聞く人の音声やボーカルは非常に自然で素晴らしいと言うことだ。

特に2CHのDVD音声も十分楽しく聞くことが出来た。(2CHのAVアンプとして十分使えるのではないか・・)現時点で、ある意味このアンプはアキュフェーズのアンプの中では無個性な部類である。もちろんアキュの音ではあるのだが、より聞きやすく音楽的で不快な音を一切出さず、高SNでありソースの選り好みはほとんどないのに等しい・・(オーディオ的刺激が欲しい人には少し向かないかも・・)

ゆえにこのアンプはどちらかと言うと再生側に個性や性能を求める。実際にCDプレーヤーの価格差を素直に音に反映してしまった。

ここではっきりE-408とE-450の明らかな違いがひとつ見えた。

★E-408は個性的アンプであり、ある意味オーディオ的アンプである。

★E-450は比較的無個性であり、より音楽的アンプである。

いっそのことヤオフクでE-407も落札して3代まとめて聞き比べてしたらなどと
一瞬、そう思ったが、もう今回の出費で全くお金がないので、それは夢に終わりそう。

E-450,もうしばらくエージングが進んだら~再度E-408とガチンコ対決だ!

スポンサーサイト



ぎゃ~~ねずみ!!

イメージ 1

注)ねずみの嫌いな人は決してこのプログを見ないでください。

家のふーちゃんがどこからかねずみをとってきた。
当然、家の外からである。いったいどこから取ってきたのか?
ふーちゃんは誇らしげに[わたしすごいでしょう]といいたげな顔つきである。
すでにねずみはショック死している。猫に睨まれたねずみとはよく言ったもので
(いわないか!)
大概、猫に捕まるとショック死するらしい。
アメショーとチンチラのハーフのふーちゃんは当然ねずみは食べない。
人間が飼ってる他の種の猫も食べないかもしれない。でも野良猫は
生まれた自分の子供に獲物の捕獲の仕方をちゃんと教えるらしい。

猫という動物はねずみやトカゲが本来の主食であり、それが重要なたんぱく源なのである。
ところで・・ばっちいな~~、このねずみ、どこに捨ててこようか?
おっ、その前に、ふーちゃんがねずみを初めて捕獲した記念に写真を1枚
パチリ☆!!
このふーちゃん。以前もこうもりや野鳥を捕獲してきた。
我が家はとある団地の一戸建てあるのに、次は、何を捕獲してくる事やら・・

♪マイスピーカーS-955Ⅲへのこだわり♪

イメージ 1

イメージ 2

私がどうしても手放せなかったマイ・スピーカーそれがパイオニアの
S-955Ⅲである。たしか発売が1982年頃でありその風貌に一目惚れであった。

最近までスピーカー自体はヤマハのNS1000MとこのS-955Ⅲの両方を使用していたが
3年前にNS1000Mをヤオフクで売却。なんとこのS-955Ⅲはもう30年以上に渡って
メインスピーカーとして私の部屋に居座っているのである。

その最も重要なこだわりはS-955Ⅲのベリリュウムリボン型トゥイーターPT-R7Ⅲの存在が全てであると言って過言ではない。またこのベリリュウムリボン型トゥイーターと相性が抜群なのが紙コーンのウーハ-なのである。

このスピーカーS-955Ⅲと同じポリシーを持っているのがJBLなのだが中低域はS-955Ⅲ
に比べても抜群のクオリティなのは認めるが同社のスピーカー・トゥイーターのほとんどがチタン
でありベリリュムのトゥイーターを長く聞いている私にとってチタンの音は最高域の伸びや繊細感が
なぜか鈍く中低域ユニットと上手くつながっていないと感じてしまうのは私だけであろうか?。
よって私はいまだにJBLを買えないままなのである。

また私のS-955Ⅲのスピーカ-ユニットの接点には私なりのほんの小さな改良を加えている。改良といっても接点を磨いているだけなのだが・それを発見するのにS-955Ⅲのネットワークをいじり込んだ末ネットワーク自体を壊してしまったことも。それで仕方なくS-955Ⅲのユニットなしのものを再落札して現在に至っている。

このS-955Ⅲはヤオフクで7万前後で取引されており、同サイズ、同金額で、このスピーカーの性能を超えられる新品スピーカーが現れることはまずないであろう。であるからにして、もうこのスピーカーは私にとって一生ものである事は間違いないところ。今後も壊れない様大切使って行きたい。
(予備でトゥイーター・ウーハ-・スコーカ-各1組揃えちゃったよ~、もう完璧~だぁ♪)
                
●S-955Ⅲの仕様●

形式位相反転式ブックシェルフ型
ウーファー36cmコーン型
スコーカー6.5cmベリリウムドーム型
トゥイーターベリリウムリボン型
インピーダンス8Ω
再生周波数帯域28Hz~120,000Hz
出力音圧レベル92dB/W(1m)
瞬間最大入力220W(定格/75W)
クロスオーバー周波数950Hz,5,500Hz
マルチアンプ使用時の 推奨クロスオーバー低~中音:800~1,500Hz 中~高音:5,000~8,000Hz
外形寸法465(W)×720(H)×440(D)mm
重量47kg

♪ピアノを聞くならYAMAHA NS-1000M♪

イメージ 1

このNS-1000M!つい数年前まで2組計4台も所有していたのだが、結局、全部
ヤオフクで売ってしまった。でも今でも聞くディスクによってはピアノの伴奏で、
あっ!このパートはYAMAHA NS-1000Mで聞いたならもっとリアルで美しいだろう
なと・・ふと、今でもこのスピーカーを思い出すことがある。

NS-1000Mでピアノ演奏を聞くとピアノ奏者が目の前で演奏しているような錯覚
さえ覚えてしまうのである。

でも俺は基本的にオールラウンドに音楽を聴くほうだから、結局当時のNS-1000M
のライバルであったパイオニアのS-955Ⅲだけが手もとの残ってしまっている。

でもまた近い将来、NS-1000Mをヤオフクでまた落札したりして・・
正に!心に残る本当に良いスピーカーでありましたな~♪


NS-1000M

¥108,000(1台)


ヤマハが1974年発売以来23年間にわたって作り続け,20万台以上売れたという,言わずと知れた国産スピーカーの 名機です。他の多くのメーカーにとって,そしてヤマハ自身にとって本当の意味でどうしても超えられなかった,独走を続け た孤高の名機でした。
何と言っても,高純度(99.99%)のベリリウムをLSIの製造にも用いられていた電子ビーム真空蒸着によって真空中で直接ドーム型振動板に成形した,スコーカーユニットとツィーターユニットが大きな特徴でした。ベリリウムは,ハードドームユニットに使われる金属系素材の中でも,比重が小さく,高い剛性と硬度を持つというもので,ハードドーム型振動板としてかなり理想的な特性を備えていたようです。特に音の伝播速度については非常に優れていました。そのため,NS-1000Mの中高域の音のすばらしさは,現代のスピーカーと比べてもそんなに遜色はないのではと思います。
さすがにピアノメーカーでもあるためか,ピアノの音は絶品だと思います。

70年代~スティービーのドリームスを聞きたくて・・

イメージ 1

懐かしのフリートウッドマックのドリームスを聞きたくてアルバム『噂』をアマゾンで購入。
レコードでは持っていたけどCDではもっていなかったんだ~。
ウエストコーストサウンドって当時なじみがなかったけどこのスティービ・ニックスが
歌うドリームスだけは特に印象に残っていて、またいつか聞きたいと思っていたんだよね~。

先日、買ったアンプで聞くとそりゃ~絶品でしたがニャ~(おや?福山弁?)
久々に聞くと、どれも良い曲ばかりでありゃんした。俺も大人のロック解かる年頃なっ
たということか・・(早い話。年取ったのね~)
そこで、このアルバムを簡単に説明すると・・

1977年発表。タイプの異なるソングライターでシンガーでもあるフロントの3人、リンジー・バッキンガム、スティーヴィー・ニックス、クリスティン・マクヴィーに、バンド名の由来でもあるミック・フリートウッドとジョン・マクヴイーのリズム隊を加えた、黄金期のメンバーによって作られました。全米で実に32週にわたって1位を保ったこのアルバムの制作過程は、メイキングのDVDが出ているため、その一端を垣間見ることができますが、夫婦だったジョンとクリスティンが離婚、さらにマック加入前からパートナー同士だったリンジーとスティーヴィーが別離しており、メンバー5人の中に破綻したカップル2組が含まれているという、異常な雰囲気の中でテンションが高まっていったようです。普通に聞いても十分に楽しめ!る一方で、複雑な背景を知ることによって、歌詞の1行までも深読みしたくなるような、二重の魅力が感じられます。リンジーがスティーヴィーに向けて歌った”オウン・ウェイ”、全米1位を獲得した”ドリームス”を含む全11曲、捨て曲なしの名盤です。

ん~~ん、マンダム!(これ、年配しかしらね~な!)ではなく。ん~ん絶品!!特にドリームスのスティ-ビーのしゃがれた声にはビビット!癒されます~る~。

アキュフェーズのE-450が到着した。

イメージ 1

栃木のコバデンからやっとE-450が到着した
さっそく2階に設置し入れ替え・おぉ腰が痛てぇ・
このアンプ25kもあるからねぇ~
さっそくE-408とE-450を試聴してみた

E-408 

上下にワイドレンジ、ライブ盤などの対応力は素晴らしい
ただ音質の表情は爽やかでクールであるのでディスクを
選ぶ傾向。ただスピードのある低音の躍動やどこまでも
伸びきる高域は他に類をみない。

E-450 

ピラミッドバランスでレンジも広くどんな音楽ジャンルにも対応。音質はE-408
E-550のいいとこ取りで音はE-408に比べ柔かく深みがある。
またSN比もさらに向上しチャンネルセパレーションも凄くよくなった。
どんなディスクにおいてもいい音だと感じさせる魔力を持っている。

はじめてアキュフェーズのアンプを考えておられ、いわゆる普通の音楽ファンなら
このアンプは絶対御勧めである。

あぁ~ところでアンプが2台になってしまった。E-408をさっそくヤオフクで
出品しょうと思っているが、E-408のワイドレンジでクールな良さという
ものも再確認してしまった。

~もうちょい両者を聞いてみて最終判断をしょうと思ってます。
おぉぉぉぉ~悩ましい~な。

小銭貯金で買っちゃった!アキュのE-450!

イメージ 1

ついにアキュフェーズのE-450の中古を買ってしまった。現在使用のE-408+
DAC20でも十分と思われるのについつい栃木のコバデンに新品同のE-450があるのを発見!
電話で問い合わせてみると元箱を含め新品同様なのだと言う。直接対応して頂いたのが社長ご本人で
あり、またこう言う不景気な時にヤオフクでの出品物も、ちと恐いなと思っていた矢先、このコバデンの
ホームページでたまたま出物を発見してしまったのである。えっ、そのお金はどう工面したのかって?

みなさんはコンビニで募金箱みたことありますよね~。1円5円100円中には1000円
私はそういう募金をする人は余ほど裕福な人なんだと思う。なぜなら1円5円50円100円
500円の小銭を毎日、私はベットの下の木箱に毎日貯金してたんだよね~。そうすれば1年で
だいたい15万くらい貯まる。そうして貯めたお金と今年10月の競馬で東京11レース
富士ステークスの万馬券の的中で丁度、買える環境にあった訳。

そのE-450は週末に配達してもらう予定。

現在使用のE-408とE-450の音質の差がどれくらいあるのか?
徹底試聴をして見たいと思っている。いまからとても週末が楽しみだ。

私のオーディオは新品に近いものを安く買い、絶対にローンは組まない。
また必ず現金で買う。

またその現金も日々の小銭貯金なのである。お金が貯まるまでじっと我慢していると
競馬でも思わぬ高配当が当たったりする。そういえば3年前にE-408を買った時
も木箱貯金と万馬券でそれを買ったような記憶が・・・・

みなさん!小銭を大切に!そして小銭を貯めるように訓練すれば、そのお金が感謝して
思わぬボーナスをくれることがあります。

私の母親がいっも言っていたことですが1円を粗末にすれば1円に泣く。

それに対抗して私は~1円を大切にすれば欲しいものはなんでも買えると
私は今でもそう思っています。

Accuphase 「E-450」 ¥483.000 の仕様

●「AAVA-II方式ボリューム・コントロール」を搭載
増幅部と音量調整器を一体化し、機械的な接点が存在しない高性能・高音質ボリューム・コントロール! 音楽信号が可変抵抗体を通過しないため、優れたSN比と超低歪み率を実現! 音量調整による周波数特性の変化がなく、左右での音量誤差レスで、クロストークも極小な高品質増幅を実現
●プリ部とパワー部は機構・回路面ともに完全分離設計
それぞれの干渉を防止し、性能・音質を練り上げることによってセパレートアンプに匹敵するクオリティを実現! 音質重視の加算型アクティブ・フィルター方式を採用したトーン・コントロール回路! パワーアンプ部にはMCS+回路を搭載、出力段は大電力オーディオ用パワートランジスターをパラレル・プッシュプルで構成し、低負荷インピーダンスの駆動能力を大幅に向上! 大電力容量トロイダル・トランスと、大容量フィルター・コンデンサーによる強力電源搭載

プロフィール

ぶにゃ~ん猫

Author:ぶにゃ~ん猫
オーディオ,アイドル,猫、F1,海外ドラマ

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

やりたいことやろう!「びーわん」のブログ

☆☆☆☆☆☆☆  名言・格言集  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だいくみや」の行き当たりばったりな日々の記録 at FC2

☆るぅ☆のWONDERLAND♪

アンピュアオーディオ別館

II-V-I。ニコイチってよりドミナントモーション ツーファイブ [第二章]

たものブログ

YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC ・・・SOMETIMES AUDIO^^♪

AUDIO噺 Beの心

オーディオ三國無双 猛将伝 Ⅲ -新たなる旅立ち-

ヲヂッチョのボンビー・ジャンク・ヲタ ヲデオ~♪

ロバート・プラントのブログ

しんのすけの音楽とオーディオとカートリッジ

うにとジムランといきものたちとの日々~(笑)

XT400のブログ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR